弁護士懲戒制度の適切な運用とは 日弁連会長談話について

日弁連は25日付で、「全国各地における弁護士会員多数に対する懲戒請求についての会長談話」として以下の会長声明を公表した。

 

近時、当連合会や弁護士会が一定の意見表明を行ったことについて、全国の21弁護士会に対して、800名を超える者から、その所属弁護士全員を懲戒することを求める旨記載した書面が特定の団体を通じて送付されてきている。これらは、懲戒請求の形をとりながらも、その内容は弁護士会活動に対して反対の意見を表明し、これを批判するものであり、個々の弁護士の非行を問題とするものではない。弁護士懲戒制度は、個々の弁護士の非行につきこれを糾すものであるから、これらを弁護士に対する懲戒請求として取り上げることは相当ではない。私は、本年12月21、22日開催の当連合会理事会において、各弁護士会の会長である当連合会理事にこの旨をお伝えした。各弁護士会においてしかるべく対処されることを期待する。

弁護士懲戒制度は、基本的人権を擁護し社会正義を実現することを使命とする弁護士の信頼性を維持するための重要な制度である。すなわち、弁護士は、その使命に基づき、時として国家機関を相手方として訴えを提起するなどの職務を行わなければならないこともある。このため、弁護士の正当な活動を確保し、市民の基本的人権を守るべく、弁護士会には高度の自治が認められているのであって、当連合会及び弁護士会による弁護士の懲戒権はその根幹をなすものである。

当連合会は、この懲戒権を適正に行使・運用しなければならない責務が存することを改めて確認するとともに、市民の方々には、弁護士懲戒制度の趣旨について更なるご理解をいただくようお願いする。

2017年(平成29年)12月25日 日本弁護士連合会    会長 中本 和洋

 

引用以上

 

引用元

https://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2017/171225.html

 

筆者は弁護士の業務外の事の意見表明に対して懲戒請求などは行うべきでないとの中本日弁連会長の意見にうなずける面もある事は認める。しかしながら、弁護士自治制度が国民の「信託」に基づく以上は、言いがかりのような懲戒請求に対しても、各単位弁護士会は真摯に対処し、対象弁護士に「非行」があるか否かを判断しなければならない筈である。

最近の弁護士に対する懲戒請求は、「濫訴」を通り越した「言いがかり」のような内容も増加している事は事実であり、訴訟の相手方弁護士の主張が気に入らないとかいう理由で難癖をつけて行われるものも多い事は理解しているが、それは司法制度改革の成果でもあるのである。自らの権利意識を肥大させた一部の国民が、小銭稼ぎの依頼者迎合弁護士と組んで無理筋の事件などを受任してきた結果なのである。

この会長声明で公表されている「一定の意見表明」とは朝鮮人学校への補助金支給声明の事らしく、筆者の大嫌いな無知・無能・教養の自意識だけ肥大した「ネット右翼」の連中が懲戒請求を行っているらしい。こんな懲戒請求を行っても懲戒事由に該当しない事は明らかであるし、対象弁護士への業務妨害でしかなく、単位弁護士会に対しても業務妨害でしかない事をよく理解して欲しいものだ。(無理だろうが)

こんな奴らに懲戒請求を提起された弁護士たちは、是非とも弁護士としての力量を発揮し、懲戒請求者たちを法的に叩き潰すべきだろう。「ネット右翼」の皆さんには理解できないかもしれないが、我が国の憲法は思想信条の自由は憲法18条により保障されており、表現の自由も憲法21条で保障されているものである。当たり前であるが、朝鮮学校への補助金支給に意見表明に対しては言論で戦うか、大衆運動でも組織するべきであり、何も自分たちの意見を政策に反映させることができない「弁護士懲戒請求」を行うこと自体が大きな間違いなのである。

筆者も朝鮮学校への補助金支給は行うべきではないと意見を持っているが、それは偏狭な差別感情などに基づくものではなく、民族教育を行う学校は真の民族教育を行うのであれば、他国の補助金など求めるべきではないと考えているからである。「ネット右翼」たちの、薄っぺらい過剰な日本賛美やアジア蔑視、根拠のない優越感と有能感を持ち、俺だけが正しく歴史を理解しているという態度や、くだらない陰謀論をまき散らす事には吐き気を催すが、現在の弁護士懲戒制度を適切に運用するのであれば、こんな連中の懲戒請求に対してもしっかりと対応して、懲戒事由が存在しない単なる嫌がらせの懲戒請求に対しては、しっかりとその理由を回答する必要が存在することを自覚すべきである。それができないのであれば、懲戒権を第三者機関に委ねるべきだろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中