佐々木寛弁護士との問題を解決するという勧誘電話についての東京弁護士会の注意喚起 覚せい剤中毒者の「ホンマ」が暗躍している可能性が大きいです

東京弁護士会は17日付で「佐々木寛弁護士とのトラブルを解決するなどという探偵会社または調査会社からの勧誘にご注意ください」という会長声明を公表しているので以下に引用する。

 

2017年11月17

東京弁護士会 会長 渕上 玲子

 

下記の当会会員(以下、「佐々木会員」といいます。)については、2017年8月16日付で当会から懲戒の手続きに付された旨の事前公表をいたしました。

 

氏名: 佐々木

登録番号 35040

登録上の住所

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-7 装美ビル5階

佐々木法律事務所

調査命令発令時における登録上の住所

〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目9番23号SVAX新宿B館9

 

最近、佐々木会員の依頼者の皆様に対し、探偵会社または調査会社の社員と名乗る者から、佐々木会員とのトラブルを解決するとの勧誘がある模様ですが、探偵会社または調査会社が被害回復を行うことはできませんので、ご注意ください。佐々木会員とのトラブルを解決するとの勧誘を受けた方は、東京弁護士会市民窓口へご連絡ください。

 

東京弁護士会市民窓口 電話03-3581-2204(受付時間:月~金13:00~15:00

 

引用以上

 

引用先 https://www.toben.or.jp/message/seimei/post-484.html

こんな勧誘を行うのは詐欺被害者の「カモリスト」を持っている詐欺師連中であることは間違いないだろう。「カモリスト」を元に、江藤馨元弁護士(東京)や佐々木寛や笠井浩二(東京)の飼い主である、覚せい剤中毒者の「ホンマ」が詐欺被害回復のために弁護士に委任するよう無差別勧誘を行っていた事実から考えれば、佐々木弁護士との間のトラブルを解決するという勧誘電話を行っているのは、覚せい剤中毒者の「ホンマ」の配下の人物であることは想像に難くない。

【参考リンク】

今年9月3日にお亡くなりになった弁護士の事務所を引き継いだ笠井浩二弁護士が非弁屋の覚せい剤中毒者「ホンマ」に飼われるという意味

 

おそらく、「ホンマ」は佐々木弁護士への懲戒処分や笠井弁護士への懲戒処分の前に「荒稼ぎ」をしようという考えなのであろう。

なにしろ覚せい剤中毒者であるから、いくらカネがあっても足りないだろうし、「呼び屋」を自称するコンチャンたちと関わっていれば、酒はタカラれるしカネはせびられることからカネがかかってしょうがないだろうが、だからと言って詐欺をやって良いものではないだろう。

この覚せい剤中毒の「ホンマ」には複数の非弁屋の部下がいるらしい。そんな人物たちが詐欺的な弁護士業務を行っているのである。せっかく佐々木寛弁護士に対して懲戒処分の事前公表をしているのであるから、さっさと佐々木法律事務所と笠井浩二の御苑法律事務所に指導監督連絡権を行使して、業務の実態調査を行うべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中