タクシーで暴れ、料金も支払わず逃走した札幌弁護士会所属の30代の弁護士 あまりにもみっともない行動は弁護士としての品位を汚しているので札幌弁護士会は懲戒請求を行うべき

10日付でTBSニュースは「タクシー暴行男は札幌の30代弁護士と判明、警察が事情聴取」として以下の記事を配信した。

 

北海道札幌市でタクシーの中で暴れ、防犯ボードを壊して立ち去った男は、札幌の30代の弁護士だったことがわかりました。

 6日夜、札幌のススキノからタクシーに乗った男が、経路をめぐって男性運転手にいいがかりをつけ、トラブルになりました。

 「東7通らねえよ!なめんなよ、こら!」(男)

 男は、車内の防犯ボードを蹴って壊したほか、運賃990円を支払わずにそのまま立ち去りました。タクシー会社は、8日に被害届を出し、警察は器物損壊容疑で捜査を始めました。

 その後の取材で、男は、札幌弁護士会所属の30代の弁護士だったことがわかりました。警察は、この男性弁護士から事情を聴き、事件の詳しいいきさつを調べています。

 

引用以上

 

この弁護士さんは、クラウドファンディング会社の運営も行いながら、クライアントファーストの立場を忘れずに弁護士業務を行っている札幌弁護士会所属のセンセイだそうである。

ストレスが溜まっていたのかもしれないし、酒に飲まれての事かもしれないが、報道された動画を見ると、あまりの言動・行動の酷さに筆者は呆れてしまった。タクシーが経路を間違えただけで、運転席を足蹴にして悪罵の限りを尽くす、この動画の人物を到底弁護士には思えないという方がほとんどであろう。

このセンセイの行動が弁護士としての品位を汚していることは間違いないと思うので、札幌弁護士会は会として、このセンセイを懲戒請求すべきであろう。タクシー会社と運転手はこのセンセイと示談をして民事・刑事上共に問題は解決するかもしれないが、全国に醜態を放送された、このセンセイについてしっかりと処分を行う必要があることは言うまでもない事である。札幌弁護士会の良識に期待したい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中