「後妻業」で殺人を繰り返した筧千佐子被告に死刑判決 危険な老後の恋愛幻想とカネの亡者の魔手

時事通信は7日付で「青酸不審死、筧被告に死刑=「遺産目的」全事件有罪―責任・訴訟能力認定・京都地裁」として以下の記事を配信した。

 

青酸連続不審死事件で、男性4人への殺人罪などに問われた筧千佐子被告(写真)の判決が7日、京都地裁であった。裁判長は4事件全てで被告の有罪を認定、刑事責任能力と訴訟能力についても認め、死刑を言い渡した。

 京都、大阪、兵庫で起きた青酸化合物を使った連続不審死事件で、高齢男性4人への殺人罪などに問われた筧千佐子被告(70)の裁判員裁判の判決が7日、京都地裁であった。

 中川綾子裁判長は4事件全てで筧被告の有罪を認定、「生命を軽視し、計画性があり悪質だ」などと述べ、求刑通り死刑を言い渡した。

 中川裁判長は「被告が遺産を取得し、債務を免れることを目的とした連続毒殺事件」と認め、「病死や事故の可能性もある」などとする弁護側の無罪主張を退けた。弁護側は判決後に控訴した。

 凶器とされる青酸が特定できていないなど筧被告の関与を示す直接証拠が乏しく、検察側が積み重ねた状況証拠への判断が注目された。事件当時から認知症を患っていたと弁護側が主張する被告の刑事責任能力の有無も争点だった。

 中川裁判長は、男性2人の体内から青酸が検出され、他の2人も救急搬送時の所見などから「青酸中毒」による死亡を認定。第三者の関与や自殺、事故の可能性はない一方、筧被告が直後に相続手続きなど特異な行動を取っていたことから、いずれも遺産目当てで毒性を認識した上で健康食品と偽り、カプセルなどに入れた青酸を服用させたと指摘した。

 責任能力について、現在は軽度の認知症としつつも「事件当時は他の交際相手の存在を隠すなど計画性の高い行動を取っており、認知症に罹患(りかん)していなかった」と指摘。公判でのやりとりも理解しているとして、訴訟能力も認めた。

 量刑理由で「6年間に4回も繰り返し、生命を軽視している」と述べ、「金銭欲から、結婚相談所で知り合った被告を信頼していた被害者に青酸を服用させた。強固な殺意のもと、事前に計画しており、巧妙で悪質だ」と指弾した。

 判決によると、筧被告は2012~13年、青酸を飲ませて夫の筧勇夫さん=当時(75)=ら3人を殺害。07年には4000万円の債務返済を免れるため1人を殺害しようとした。 

 

引用以上

 

筧被告はまさに「カネの亡者」の典型である。カネの為なら何でもやり、人殺しも厭わないのである。このようなメンタリティーは、現在の特殊詐欺師たちと一緒である。犯罪収益の分け前を巡って簡単に「さらって殺せ」と騒ぐ半グレチンピラと全く同じなのである。単にその手法が「後妻業」なのか「特殊詐欺」なのかが異なるだけであり、虚栄心が強くカネを持っている事だけが自分の誇りであり存在理由であることも全く同一である。

筧被告はFX投資や不動産投資で犯罪収益を全てすってしまったようだが、特殊詐欺師らも強欲であることから詐欺師に目を付けられ「2倍返し、3倍返し」の話で騙されカネを巻き上げられるのである。

しかし、最近は死ぬまで現役とか、老後も恋愛をなどという報道が多いが、老後の恋愛など何一つ良いことはないだろう。寂しさゆえに恋愛幻想に憑かれ「カネの亡者」の魔手に引っかかるのである。人生の後半などは異性に振り回されず、自分の趣味に生きて自分自身で雑事・家事をこなし誰にも頼らずに生きることが幸せではないかと筆者は考えるが、マスコミはそれでは何の商売にもならないから老後の恋愛を煽るのであろう。

筧被告への判決は裁判官の指摘どおり「巧妙で悪質」であり妥当な判決であろう。死刑廃止を主張する日弁連がどんなコメントを出すか楽しみである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中