「刑重過ぎ」検察が異例控訴との報道 

 

時事通信は5日付で「「刑重過ぎ」検察が異例控訴=東京高裁で減刑、大麻所持事件」として以下の記事を配信した。

 

大麻取締法違反事件で東京地裁が言い渡した有罪判決について、東京地検が「刑が不当に重かった」として控訴していたことが5日、関係者への取材で分かった。

 地裁は検察側求刑通りの懲役刑に執行猶予を付けたが、判決後に求刑が重過ぎたことが判明したという。

 検察側が刑が重過ぎるとして控訴するのは異例。高裁は一審判決を破棄して減刑した。

 関係者によると、被告の男性は大麻約2.4グラムを所持したとして起訴された。前科はなかったが、東京地検は懲役1年6月を求刑し、東京地裁は3月に懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した。

 地検が判決内容を検討する中で、同種事件と比較して求刑が不当に重かったことが発覚。検察、弁護側双方が控訴し、東京高裁が6月、一審判決を破棄して懲役6月、執行猶予3年を言い渡して確定した。

 大麻取締法は営利目的でない大麻の所持について、5年以下の懲役と定めている。 

 

引用以上

 

検察側が刑が重すぎるとして控訴したのは本当に異例の事である。こんな事が多発すれば国民は検察を信用しなくなることは明らかであり、検察には襟を正して頂きたいものである。

この事件の内容からすれば、被告が初犯である事から執行猶予判決となり収監されなかった事から良かったようなものの、実刑判決であれば大変な問題に発展していたはずである。検察・弁護側ともに「量刑不当」で控訴したのであるから、前代未聞の控訴審であったと思われるが、このような事が二度と起きないようにしていただきたいものである。

最近の検察の劣化は嘆かわしいものがある。弁護士には検察が適切に業務を行っているのか、刑事弁護を行う中でしっかりと確認する必要がある事をさらに自覚するべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中