アディーレ法律事務所の業務停止に伴う混乱は継続中 事態を甘く見た東京弁護士会の大失態

アディーレ法律事務所の業務停止後の対応について、未だに東京弁護士会がまっとうな対策を取れていない事が判明する記事が以下のとおり何件か公開されている。

 

【参考リンク】

 アディーレ業務停止で東京弁護士会が依頼人置き去りのずさん対応ディーレ業務停止で東京弁護士会が依頼人置き去りのずさん対応 ダイヤモンドオンライン

 

 アディーレ支店長「一日でも早く安心してもらうため全力」 産経新聞

 

アディーレ「手段の悪質性際立つ」と認定 東京弁護士会の懲戒委員会 処分理由の詳細判明 産経新聞

 

以上の参考リンク記事から分かる事は、東京弁護士会はアディーレ法律事務所の業務停止についての相談員を10名程度しか配置せず、ほとんど電話は不通状態であること。今回の業務停止については東京弁護士会が「悪質」と判断している事、債務整理事案を「ベルトコンベアー」式に事務所の利益だけを考えていた事、しかしアディーレ側が依頼者に返金を行い改正景表法が定める課徴金相当額の約6億6500万円を公益財団法人に寄付したことなど、またアディーレ側は依頼者に今後の選択肢を示し誠実に対応をすることを表明している事である。

そもそも、相当数の依頼者が存在する事は分かっていたのであるから、きちんとした事後相談体制を用意できないのであれば、業務停止処分を法人としてのアディーレに下したことは失当であることは間違いないだろう。確かに、アディーレの広告は悪質であったかもしれないが、課徴金相当の6億6500万円を寄付したのであるから、そのあたりの情状面を考えれば業務停止という判断には何らかの思惑があるとしか思えない。人様のカネをかっぱらう弁護士に対して甘い処分を下すにも関わらず、6億5千万円も公益財団に寄付をしたアディーレには業務停止処分を課すのであるから、弁護士自治は極めて恣意的である事は確かであろう。

それにしても、わずか10人程度の相談員で事態を収拾できると考えていた東京弁護士会の見通しは甘すぎであり、ふざけているとしか言いようが無いぐらいの大失態である。一体この問題をどうやって解決するのか、弁護士懲戒処分には処分の均衡という意識がないのか東京弁護士会は国民に公表すべきである。

連絡先も明示しないまま西池袋法律事務所において公然と法律業務を行う吉永精志元弁護士と結託する現役弁護士

弁護士の信念・性格で依頼者の質は大きく変わるものだが、東京都内で「事件屋御用達」といわれるA弁護士とM弁護士であるが、どうもこの先生方に地面師と結託する犯罪者の吉永精志元弁護士がくっついているらしい。

吉永が実質的に運営する、第二東京弁護士会元副会長の諸永芳春先生が登録する西池袋法律事務所は、相変わらず電話番号もFAX番号も公開していないが、吉永は日々事件屋・詐欺師と結託し犯罪行為に勤しんでいるのである。

吉永は、「諸永弁護士が高齢で、裁判などに行けない」として、上述のM弁護士を主に使っているようだが、こんな事ではM弁護士の弁護士としての寿命は恐怖新聞読者並みに縮んで行くことは確かであろう。

しかし、諸永総合法律事務所・内神田総合法律事務所と事務所を移動させ名前を変えながら、吉永や自称霊能者の小林霊光は諸永芳春元第二東京弁護士会副会長を利用してきたのであるが、この連中たちの行動は「地面師詐欺」「着手金詐欺」「取り屋と結託した詐欺」などやっていることは変わらず、犯罪行為を行い続けていることには、呆れ感心するばかりである。

また、いつになっても指導監督連絡権を行使しない独自の気風を誇る、第二東京弁護士会の弁護士自治にも呆れ感心するばかりである。吉永の行動で多くの国民に被害が出ているにも関わらず、「弁護士の弁護士による弁護士ための弁護士自治」を貫徹する第二東京弁護士会には、相当強固な信念があり弁護士自治の信託者である国民の事など放っておけという原則をしっかりと守り続ける姿勢には感服するしかない。

連絡先も公開せず、諸永元第二東京弁護士会副会長がまともに出勤しているかすらも疑わしい、西池袋法律事務所について今後も筆者は注目していきたい。

チンピラをもてはやす社会の変革を 東名高速あおり運転による殺人事件の石橋和歩容疑者への対処について

共同通信は26日付で「山口の交通妨害事件を移送 横浜地検で捜査、東名事故」として以下の記事を配信した。

 

 神奈川県大井町の東名高速の夫婦死亡事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)などの疑いで県警に逮捕された石橋和歩容疑者(25)=福岡県中間市=が事故の約1カ月前に山口県で他の車の進路を妨害するなどした交通事件が移送され、横浜地検で捜査することが26日までに分かった。

 捜査関係者によると、石橋容疑者が山口県下関市の一般道で5月9日未明、自分の車を追い越そうとした後続車の進路を妨害して止めさせ、運転席のドアを蹴って壊したとして、山口県警は今月5日に器物損壊容疑で書類送検した。

 山口地検から13日付で事件の移送を受けた横浜地検は、石橋容疑者が日常的に危険な運転をしていた可能性があるとみて慎重に調べる。

 5月9日朝にも他の車に幅寄せし接触事故を起こしたとして、山口県警が自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で書類送検し、起訴猶予処分になっている。

 神奈川県警によると、東名事故で石橋容疑者は、中井パーキングエリアで静岡市の萩山嘉久さん(45)から駐車位置を巡って注意されたことに逆上。萩山さんら夫婦の車を追い掛け、進路をふさぐなど妨害行為を繰り返して約1.4キロ先で停止させ、大型トラックの追突事故を誘発して萩山さんと妻、友香さん(39)を死亡させた疑いがある。

 

引用以上

 

 あおり運転を行う人間は基本的に無知無能無教養のチンピラである。交通ルールを遵守する気もなく、住宅地でもバカみたいにスピードを出して走るような連中が99%で、何かというとクラクションを鳴らして相手を威嚇し、年齢と関係なく喫煙者が多いのも特徴である。乗る車は古いレクセス・セルシオなどを好み、ワンボックスカーも大好きでエルグランドとかアルファードで高速道路の直線をブッ飛ばすが、峠道などではチンタラ走る奴が多いのも特徴である。

あおり運転のはてに、前走する被害者の車両を停止させ因縁をつけ高速道路上であるにも関わらず車の外に被害者を被害者を出させた、石橋容疑者の行動は「殺人」としか言えないものであり、パーキングエリアの駐車場以外の場所に駐車しタバコを吸っていた石橋容疑者を注意したことを逆恨みし激高し、あおり運転を行うような人間は反省などすることもないだろうし、この件で刑務所に服役しても出所後はまた同じような行為を繰り返すことは間違いないだろう。

こんな無知無能無教養のチンピラが発生する原因は、物語にもならない「ウシジマくん」のようなチンピラ礼賛漫画や、チンピラをもてはやすようなマスコミの言説にも責任があるのである。

詐欺師でありマネーロンダリングの主犯格であったクズを「元経済ヤクザ」などと持ち上げマスコミに登場させたり、少年時代の人殺しの半グレを持ち上げるようなマスコミが石橋容疑者のようなチンピラを発生させるのである。

男らしさとか強さというのは、弱いものに大声を出して威嚇するようなものでは無いことを社会もマスコミもしっかりと伝える必要があるはずだ。

石橋容疑者のようなチンピラは更生不能であることは間違いない。あおり運転をするような馬鹿共には鞭打ち刑とか、杖刑で腐った根性を叩きなおすことが必要なのだ。こんなクズ連中には言葉は無意味であるし(そもそも理解しない)、人をいたわる気持ちも、相手を思いやる気持ちもないのだから、人間として扱う必要はないのである。

相変わらずのアディーレ法律事務所の業務停止に対する対応の不手際と混乱 依頼者のことを考えるなら土日に相談会を行うべき

東京弁護士会は25日付で「弁護士法人アディーレ法律事務所に関する全国の弁護士会の相談窓口について」以下の告知をしている。

 

弁護士法人アディーレ法律事務所に関し、東京弁護士会では臨時電話相談窓口を設けて、依頼者の方からのご相談に応じておりますが、電話が混み合い繋がりづらい状態が続いております。

電話が繋がらない場合には、時間をおいておかけ直しいただきますよう、お願いいたします。ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

臨時電話相談窓口

電話番号:03-6257-1007

(受付時間は午前9時から午後5時まで、土日祝日を除く)

 

東京都外の依頼者の方へ

 

全国の弁護士会の法律相談センターについて(10月23日更新)

 

全国の弁護士会の法律相談センターでも、本件に関するご相談を承っております。

下記の日本弁護士連合会ウェブサイトに、全国の法律相談センターの連絡先が記載されておりますので、ご利用ください。

全国の弁護士会の法律相談センター(日本弁護士連合会ウェブサイト)

 

全国の弁護士会の臨時相談窓口について

 

全国の弁護士会でも、本件につきまして臨時相談窓口を開設しているところがございます。

情報は随時更新いたしますので、ご確認ください。

 

弁護士法人アディーレ法律事務所に関する臨時相談窓口のある弁護士会の一覧(10月25日更新)

 

弁護士会名       トップページリンク       臨時相談窓口に関する記事リンク

東京弁護士会    東京弁護士会:トップページ      東京弁護士会:記事

仙台弁護士会    仙台弁護士会:トップページ      仙台弁護士会:記事

福島県弁護士会 福島県弁護士会:トップページ   福島県弁護士会:記事

神奈川県弁護士会          神奈川県弁護士会:トップページ           神奈川県弁護士会:記事

千葉県弁護士会 千葉県弁護士会:トップページ   千葉県弁護士会:記事

新潟県弁護士会 新潟県弁護士会:トップページ   新潟県弁護士会:記事

愛知県弁護士会 愛知県弁護士会:トップページ   愛知県弁護士会:記事

富山県弁護士会 富山県弁護士会:トップページ   富山県弁護士会:記事

大阪弁護士会    大阪弁護士会:トップページ      大阪弁護士会:記事

岡山弁護士会    岡山弁護士会:トップページ      岡山弁護士会:記事

福岡県弁護士会 福岡県弁護士会:トップページ   福岡県弁護士会:記事

佐賀県弁護士会 佐賀県弁護士会:トップページ   佐賀県弁護士会:記事

熊本県弁護士会 熊本県弁護士会:トップページ   熊本県弁護士会:記事

鹿児島県弁護士会          鹿児島県弁護士会:トップページ           鹿児島県弁護士会:記事

宮崎県弁護士会 宮崎県弁護士会:トップページ   宮崎県弁護士会:記事

沖縄弁護士会    沖縄弁護士会:トップページ      沖縄弁護士会:記事

岩手弁護士会

弁護士法人アディーレ法律事務所ご依頼者への相談対応体制(岩手県周辺の皆様)

下記の電話番号にお電話の上、面談相談をご予約ください。

・岩手弁護士会盛岡法律相談センター

相談予約受付:019-623-5005(平日午前9時午後5時まで)

相談日程:月~土・午前10時~午後3時(ただし、水曜日は午前10時~午前11時30分と午後4時~午後7時)

相談時間30分、原則として相談料5,000円の有料相談です。ただし、東日本大震災(平成23年3月11日)当時、岩手県・宮城県・福島県にお住まいの方は、震災特例法の対象になり、相談料が無料となります。その他、法テラスの扶助相談やひまわりほっとダイヤルの中小企業相談などの制度により、相談料が無料となる場合もございます。

*岩手弁護士会内の相談室での面談相談となります。

*専用の電話相談は、開設しておりません。

*岩手弁護士会では、本件について弁護士の紹介はしておりません。相談時の弁護士が受任するかどうかは、弁護士の判断によりますので、予めご了承ください。

 

青森県弁護士会

当会では、アディーレ法律事務所に依頼されていた方のための電話相談を下記の日程で開催いたします。

なお、平日の午前9時から午後5時の間は、当会弁護士会事務局においても、当会の相談窓口のご案内等の対応を行っておりますので、お急ぎの方はご相談ください。

日程:平成29年10月26日(木)、27日(金)、30日(月)、31日(火)

時間:午後4時から午後8時まで

電話番号:017-763-4670(通話料は相談者負担)

相談担当者:当会所属の弁護士

電話がつながらない場合は、時間をおいてお掛け直しくださいますようお願いいたします。

 

京都弁護士会

弁護士法人アディーレ法律事務所ご依頼者への電話対応体制(京都周辺の皆様)

下記の電話にお電話下さい。弁護士会からご連絡をいたします。

075-231-2378

平日午前9時から正午、午後1時から午後5時まで。土日・祝日はご利用になれません。

また、ご連絡いただいた連絡先に弁護士会からご連絡するシステムですので、

午後5時間近あるいは状況によっては当日の応答ができない場合があります。予めご了承ください。

 

引用以上

 

要するに今のところ、アディーレの依頼者からの相談に応じきれていないが、納得しろよ、自分たちの営業時間しか受け付けはしないが、繋がらなかったたらまた電話しろ。全国の単位会がアディーレ潰しに協力するから、東京以外の人はそっちに電話したほうが良いぞ、という事である。

まぁアディーレの依頼者が多数存在することを知っていながら、あえて業務停止処分を下したのだから、事後の対策を万全にしておく必要が東京弁護士会にはあったはずなのであるが、結局は全く対応不能であり、アディーレの依頼者にしわ寄せが行っているという事である。

しかし頑なに自分たちの営業時間内しか対応しないという東京弁護士会の姿勢には呆れるしかない。弁護士に委任をする人の多くは自分の仕事があり、平日の昼間は多忙なはずである。原因はアディーレ法律事務所にあるにせよ、業務停止処分を下したのは東京弁護士会なのであるから、アディーレの依頼者の事を考えるのであれば、土日に相談会でも開催するべきであろう。相談にあたるのは弁護士会の幹部自ら行うべきであろう、それが自らが下した懲戒処分への責任というものではないだろうか。

東京弁護士会はアディーレへの依頼者の不安・心配を解消する動きをしっかりと示すべきであり、弁護士会幹部のお友達への依頼者の振り替えを優先してる場合ではない事を自覚するべきであろう。

中田康一元弁護士と懲戒弁護士荒井鐘司 犯罪的弁護士の連携

中田康一元弁護士は昨年10月24日に独自の気風を持つ第二東京弁護士会から「除名」の処分を受けた弁護士であり、今年6月には非弁提携・預り金の横領事案で中田元弁護士の事務所の事務員が刑事告発をされていると報道されているお方である。

 

【参考リンク】

緊急速報 犯罪的弁護士業務を業としていた弁護士法人A&Hは清算! ブライテスト弁護士法人は新規に立ち上げた弁護士法人でした。 伊藤(山浦)洋の告発情報も

 

この中田元弁護士が、懲戒処分の後も当時の弁護士法人A&Hに出入りしながら、同じく有名懲戒弁護士の荒井鐘司(第二東京)に一部の顧客の引継ぎなどを依頼し、自らの告発に対する対策も依頼しているとの情報が寄せられた。荒井弁護士は、非弁提携や事件屋との結託・双方代理などの情報が多数筆者に寄せられている弁護士であり、過去の懲戒処分は以下のとおりである。

 

【参考リンク】

荒井鐘司弁護士(二弁)暴力団員に借金の弁護士、返さず懲戒請求受ける 弁護士自治を考える会

 

上記の参考リンクのとおり、荒井弁護士は過去に刑事事件の弁護を務め、民事訴訟の依頼も受けていた暴力団員とその親族の女性から計1200万円を借りる一方、2人の債務計8500万円の連帯保証人になっていたのである。この事実について第二東京弁護士会に「反社会的勢力を助長する」と判断された弁護士である。このような弁護士であれば中田康一のお願いも「カネ次第」で聞くことは間違いないだろう。

第二東京弁護士会は、中田元弁護士への苦情や「カネ集め」の実態も分かっているはずのであるから、「除名」で済ませるだけでなく懲戒処分の理由の6600万円を投資金名目で預かりながら返金しない事案について、会として刑事告発を行っても良かったのではないだろうか。

いずれにしても独自の気風を誇る第二東京弁護士会は、荒井鐘司弁護士の公生総合法律事務所の経営実態や業務についての実態を調査するために指導監督連絡権を行使するべきであろう。このまま放置しておけば、また中田康一同様の被害を引き起こす可能性もある事を認識すべきであろう。

覚せい剤中毒者や特殊詐欺関係者が弁護士を「飼う」ということ

先日、債務整理・過払い金返還請求についての過去を簡単に振り返る内容を掲載し、その中で、サラ金のエイワの退職者たちが非弁提携に多く関与することを指摘し、その中でも覚せい剤中毒者の「ホンマ」という人物に触れたところ、匿名を条件に以下のような情報が寄せられた。

 

【ホンマについての情報】

・中卒もしくは高卒でエイワに就職

・その後退職し非弁提携・紹介屋業務などに関与する

・完全な覚せい剤中毒者

・様々な非弁提携事務所に関与していた

 

そして、何よりも重大な情報としては

 

ホンマは、特殊詐欺のカモリストを元に集客をしていた江藤馨元弁護士と現在東京弁護士会で懲戒処分の事前公表がなされている佐々木寛弁護士の実質的な「飼い主」であり、今年9月にお亡くなりになった山本朝光弁護士の事務所にも関与していたとの事である。

ホンマはまさに「カネの亡者」と呼ぶにふさわしい人間であり、カネが稼げて覚せい剤が入手できれば良いという人物らしく、過払い金返還請求が下火になった後には積極的に「カモリスト」の入手を行い、「アポ電」を弁護士事務所として行い「被害回復のために弁護士に委任をしてください、着手金は○○万円です」として詐欺被害者からカネを巻き上げ実質的な二次被害を惹起したうえで、委任した詐欺被害者からの問い合わせには「いまやっている」などと適当な説明をして時間稼ぎをさせ、焼畑農業のように次から次へと詐欺被害者からカネを巻き上げる事を指示していたようである。

こんな人間に「飼われる」弁護士らは皆「カネに追われた」結果として生活費・借金の返済のために魂を売るのであろうが、自分のやっていることが一般国民にどれだけ深刻な被害を与えるのかを確認して欲しいものである。

以前にも「犯罪弁護士事務所」であった潮総合法律事務所(崩壊済み)の実質的経営者が特殊詐欺・ヤミ金の頭目であった藤本祐樹であり、詐欺師・事件屋・インチキブローカーと弁護士が机を並べていたのであるから、弁護士業界が犯罪収益で汚染されてきている事は事実なのである。

こんな詐欺師などの犯罪者・犯罪集団に「社会正義の実現」を使命とする弁護士が「飼われる」事実を本来は日弁連・各単位弁護士会が指導監督連絡権を行使し調査のうえで是正するべきなのであろうが、そんなことを全く行う気は無いようなので、徹底的に事実を公表し欠陥弁護士を排除するしかないのが現状なのである。

上記の覚せい剤中毒者の「ホンマ」については、さらに調査のうえで内容をまとめ佐々木寛弁護士の所属弁護士会である東京弁護士会に報告を行う予定である。その前に、覚せい剤取締法違反(使用)で「ホンマ」が逮捕される可能性もある事があるかもしれない事も一応お伝えしておく。

希望の党のヤメ検若狭勝候補、比例復活も無く完全に落選 今後、弁護士業務に力を入れるのであれば弁護士費用の「ボッタクリ」防止に尽力を

10月22日投票の衆院選において、希望の党の小池代表の側近中の側近である若狭勝候補が、小選挙区では3位にとどまり、比例復活も無く完全に「落選」となった。この若狭氏の落選を産経ニュースは『「立憲民主の出現が…」若狭勝氏敗戦の弁を語る』として22日以下のとおり報道した。

 

 第48回衆院選で、東京都の小池百合子知事が代表を務める希望の党は、おひざ元で厳しい戦いとなり、東京10区で敗退の見通しとなった小池氏の側近で前職の若狭勝氏(60)は22日午後11時50分ごろ、事務所で敗戦の弁を語った。

 若狭氏はまず、「この場をお借りしまして、私の今回の小選挙区における敗北、落選の記者会見をさせていただきます」と述べた。

 そのうえで、「今回の選挙を振り返ってみますと、自民党の受け皿になる希望の党ではあったと思うのですが、新たに立憲民主党が立ち上がったということで、自民党の受け皿が分散されました」と、立憲民主の出現が逆風になったとの見解を示した。

東京10区は、もともとは小池氏の地盤。若狭氏が主宰する政治塾「輝照塾」からは、多くの塾生が希望の党から立候補していた。

 

引用以上

 

 希望の党は、解散前の議席数を割り込み小池代表も率直に惨敗の責任を認めている。若狭氏は自民党の受け皿(批判の受け皿)が分散した事が落選の原因という事を述べているが、そういう一面もあるだろうが、若狭氏の「変節漢」ぶりを有権者が拒否したという事が一番の原因だろう。

若狭氏は自民党候補として当選し、同じ東京10区の補選においても自民党候補として当選をしたのである。ところが、小池代表と共に行動を行うようになり、自民党を離れ東京都議選においては「都民ファーストの会」が大躍進した事から、大きな勘違いをしたのであろう。希望の党とはいっても、政策は自民党と大差は無く、消費税凍結・反原発という事だけが異なるのであれば、自民党の中での発言力を強めるべく行動したほうが余程よかったのではないだろうか?いずれにしても、若狭氏は小選挙区においては立憲民主党の後塵を拝しての完敗である。政策うんぬんよりも若狭氏に対する有権者の拒否反応は強かったという事であろう。

今後の若狭氏がどのような動きをするのかは分からないが、現在も若狭氏は弁護士であることは間違いない。若狭氏は弁護士としての登録先を、おそらく自宅の住所にしているようで、弁護士業務はあまり積極的に行っていなかったようであるが、今後の若狭弁護士の活躍には大いに期待したいものである。若狭氏の運営する弁護士法人に所属する弁護士の指導・監督や、「ヤメ検」の看板で法外な弁護士費用を「ボッタクリ」する弁護士の排除に力を入れて頂きたいものである。そのような活動を地道に行えば、若狭氏にも次回の選挙で国会議員として復活の可能性が高くなることは間違いないだろう。