若狭勝衆議院議員(弁護士)と細野元環境相が新党発足とのこと 若狭議員には弁護士による「ボッタクリ」を禁止する公約を掲げていただきたい

産経新聞は18日付で『細野豪志・若狭勝両氏 28日の臨時国会召集前に「新党」発足へ』として以下の記事を配信した。

細野豪志元環境相と小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員は28日の臨時国会召集前に新党を結成する方針を固めた。召集後、衆院が解散される見通しを受け、「非自民・非共産」を旗印にした第三極の政党として支持を訴える。関係者は「25日の週の前半に新党を作り、衆院選に備えたい」としている。

 新党は、細野氏が民進党で結成したグループのメンバーで、離党届を出した笠浩史、後藤祐一、鈴木義弘3氏が加わり「国会議員5人以上」との政党要件を満たす見通し。民進党を離れた長島昭久衆院議員や、旧国民新党出身の野間健衆院議員、無所属の松沢成文参院議員も参加を検討する。

 若狭氏は政治団体「日本ファーストの会」の代表を務めているが、党名に「ファースト」は使わない見通し。新党の主要政策には憲法改正による一院制への変更などを盛り込む考えだ。

 

引用以上

 

今まで国政上に様々な「新党」が出現し、一時的には話題になったがその命脈を保っている政党はほとんどない。古くは新自由クラブ・革新自由連合から最近はみんなの党や石原・橋下の「野合」による日本維新の会まで、その時の時代の「気分」で票を集める政党など長続きするはずがないのである。維新の会と民進党を行ったり来たりする、当選目当てだけの議員が群がるのが小池都知事の人気に乗っかった「新党」という事なのであろう。

非自民・非共産というのは簡単であるが自民党との政策の違いをどう際立たせるのかは全く未知数であり、政治姿勢も全く分からないのが現状である。改革というと聞こえは良いが本当の改革とは革命に匹敵するぐらいの事をやるべきであり、明治維新や敗戦後のGHQの指導による憲法改正から農地改革・財閥解体・民法改正ぐらいの事をやる気概が細野・若狭新党にはあるとは思えない。筆者は自民党を支持するものでは無いが、この新党は気まぐれな浮動票をつかみ、当選を目的としているためであるとしか考えられないと判断している。

弁護士である若狭議員も、一部の強欲なヤメ検が刑事事件で破格の報酬などを請求することが問題視されていることぐらいご存じであろう。

【参考リンク】

収入が不安定だという有名ヤメ検事務所の大先生は、実質的双方代理を半グレの切取りのために行います。

 

 上記参考リンク記事が引用した記事中にある、20日間で5000万円もの弁護士報酬を請求する、元東京高検検事長のヤメ検弁護士と、検事時代、裁判所待合室で証人を怒鳴りつけ、裁判官から「あるまじき行為」 と異例の批判を受けた弁護士の行為は、間違いなく公序良俗に反し「ボッタクリ」と言われても仕方のない金額であることは間違いないだろう。こんな事が起きないように若狭議員には、弁護士による「ボッタクリ」を防止する法案を提出することを、同じ元ヤメ検弁護士として公約に掲げていただきたいと筆者は考えているのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中