ビットコインは詐欺と断言するJPモルガンCEO 職業的常習詐欺師の妻はご自身のセレブな生活を自慢しながら仮想通貨への投資をお勧めしています

仮想通貨は「仮想」通貨であり、国家が価値の保証をしない通貨である。利便性は高いのかもしれないが、マネーロンダリングや脱税の温床であることは間違いないだろう。

そんな仮想通貨の「ビットコイン」をJPモルガンのCEOが「詐欺」と断言している報道がなされている。

 

【参考リンク】

ビットコインは詐欺、取引行えば即解雇する-JPモルガンCEO

 

 この発言にはうなずける部分も多く、確かに犯罪組織や犯罪国家と呼んで差し支えない北朝鮮の関係者にとってビットコインは利便性の高い仮想通貨であることは間違いないだろう。こんなビットコインがマネーゲームの対象になっている事から、多くの特殊詐欺関係者がビットコインへの投資を呼びかけ、詐欺行為を行っていることも事実である。詐欺を職業とする常習詐欺師の妻も、とっくに薹が立っているにも関わらず「アイドル」を自称し仮想通貨への投資を呼びかけ、夫の犯罪収益によるセレブな生活の情報発信をしている。こんな情報を見ていると、「カネの亡者」が見栄のために犯罪行為を重ね地獄の業火の中を彷徨っているようにしか見えないのは筆者だけではないだろう。

こんな詐欺集団をお抱えにしているのが、おしゃれな街に事務所を構える「下半身双方代理」を行う法教育に熱心なヤメ検弁護士なのである。最近は倉持麟太郎弁護士が不倫弁護士として名をはせているが、この「下半身双方代理」の弁護士に比べたらまだまだ「青二才」レベルであろう。犯罪集団と結託し、証拠隠滅や虚偽証言を行わせるヤメ検の「下半身双方代理」のセンセイはもっと厚顔で欲深く虚栄心も強いのである。このセンセイのことは何度も筆者は取り上げているが、ますます犯罪集団からの信頼を、「下半身双方代理」のセンセイは集めているようである。

最近Ⅾ9とか、セナーとか仮想通貨を利用した大掛かりで組織的な詐欺が頻発している。このような詐欺に関与しているのが「情報商材屋」であるとの信憑性の高い情報も寄せられている。濡れ手に粟のような話は疑ってかかれば、インチキ投資被害に遭うこともないし、投資は「博打」という認識を持つことが重要なのである。そのような認識を持たせることを弁護士は「法教育」で行うべきであろう。

“ビットコインは詐欺と断言するJPモルガンCEO 職業的常習詐欺師の妻はご自身のセレブな生活を自慢しながら仮想通貨への投資をお勧めしています” への2件のフィードバック

  1. 仮想通貨を持ち上げるつもりはありませんが

    六本木で詐欺師と暴力団と面会していたJ.P.モルガン銀行員がいました。
    外資系銀行もその程度です。
    もしかすると金融検査が国内資本より緩いのかもしれません。

    不動産投資を一般人がなぜできるのか?
    不正融資を指南する業者を見てみぬ振りをして
    融資する銀行員がいるからです。
    銀行員が手を汚さなければ融資したほうが自分の成績になる。
    カードローンと名前を変え高利貸しをしているのも銀行です。

    銀行も金の亡者です。

    いいね

  2. 当時いただいた双方の名刺がまだあります。
    J.P.モルガンのドメインから返信がありました。
    彼に追求したところ、連絡が来なくなってしまいましたが。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中