不倫代議士と不倫弁護士 開き直ればいいものを否定するのはカッコ悪いですよ

山尾志桜里衆議院議員と倉持麟太郎弁護士の不倫騒動が週刊文春に公表され、山尾議員は民進党幹事長を棒に振った挙句に離党を余儀なくされた。山尾議員も倉持弁護士も一線は超えていないと表明し、誤解を与えるような行動を取ったことについて謝罪をしている。しかし文春の報道内容からすれば、二人が不倫関係にあったと考える人が多数であることは間違いないだろう。

この元検事の代議士と弁護士の不倫問題について、バカ芸能人や自称コメンテーターの発言が電気紙芝居やネット上で取り上げられているが、知性無きバカ者たちのコメントを取り上げることをマスコミはやめるべきだろう。そんな報道はリソースの無駄でしかないからである。また自民党の今井絵理子議員と詐欺的な行為をおこなった元市議会議員との不倫と比較する論調もあるが、詐欺的な行為を行う元市議と無能の客寄せパンダとの不倫とは性質が異なることは確かであろう。

筆者が考えることは、山尾議員と倉持弁護士共に法曹資格を持っており、不貞行為についての理解はよくお持ちの筈なのであるから「確かに不貞行為を行ってしまいました、今後は法的にこの問題を解決する意思ですので報道など行わないで頂きたい。代議士としての職務にも弁護士としての業務にも一切の影響はなく、あくまで当事者2人とその家族の問題でありますので、個人的な問題です」となぜ言えなかったのかという事である。実際に「誤解」を与えるぐらい親密であったことを認めているのであるから、関係を認めて開き直れば良かったのである。その時は批判を受けるだろうが、お二人とも法律の専門家なのであるから、これ以上の報道は私的な問題であり公益性のない報道で名誉棄損として法的措置を取るとでも言えば、喝采する人もいたはずである。

不倫・不貞行為を批難する風潮はあまり良い事ではないだろう。小説でも映画でも「毒婦」とか「絶倫男」は絵になるものであり、人間の本能である限りは全てを否定することはできないだろう。山尾議員は倉持弁護士をブレーンにしていたという事だが、二人が頻繁に会っていたことからすると倉持弁護士の弁護士業務に影響が出ていたのではないだろうか?倉持弁護士の所属弁護士法人は特に専門分野に特化するわけでなく「何でも扱います」というような印象をウェブサイトから受けるので、日々の業務では結構な下調べなどがあると思われるからである。

山尾議員も倉持弁護士も、いまからでも遅くないから開き直りの会見でも行ったうえで、今後2人はどんな茨の道を歩もうと必ず一緒になり添い遂げるなどと述べれば好感度は上がるのではないだろうかと筆者は考えており、そのような会見を開くことを期待している。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中