懲戒処分の事前公表がなされている佐々木寛弁護士(東京)の登録事務所が、また詐欺師の巣に戻りました。

懲戒処分の事前公表がなされている佐々木寛弁護士(東京)だが、東京弁護士会から公表された事前公表では、佐々木弁護士が詐欺師の巣である東京都新宿区四谷1-7 装美ビル5階から、今年8月9日に東京都新宿区新宿2丁目9番23号 SVAX新宿B館9階 山本法律事務所に登録事務所を変更したことが公表されていた。

 

【参考リンク】

江藤馨元弁護士の後釜の佐々木寛弁護士(東京)に、江藤と同様の詐欺的勧誘行為で懲戒処分の事前公表

 

 この懲戒処分の事前公表を受けてかどうかは分からないが、8月24日現在の佐々木弁護士の登録事務所は、以前の登録先である東京都新宿区四谷1-7 装美ビル5階に戻り、事務所名称も以前のとおり、「佐々木法律事務所」に戻っていることが判明した。

 

【8月24日現在の佐々木弁護士の登録情報】

35040  弁護士  佐々木 寛         東京

 

氏名かな          ささき ひろし

氏名                佐々木

性別                男性

事務所名          佐々木法律事務所

郵便番号          〒 1600004

事務所住所       東京都 新宿区四谷1-7 装美ビル5

電話番号          03-5362-3670

FAX番号          03-5362-3671

 

佐々木弁護士は、東京弁護士会が8月2日に綱紀委員会に調査委命令を発した直後の、8月9日に山本朝光弁護士の山本法律事務所に登録を移転し、懲戒処分の事前公表が16日になされ、この後少なくとも24日の前までに、また事務所登録を変更したのである。

佐々木弁護士が山本弁護士に「追放」された可能性が高いと筆者は考えるが、佐々木弁護士は結局「飼い主」の「詐欺師」のもとに戻ったのである。

佐々木弁護士は自分で物事を決定できない状況なのかもしれないが、「着手金詐欺」を業とする連中と決別しなければ「退会命令」もしくは「除名」の処分が下されることは確実であろう。

“懲戒処分の事前公表がなされている佐々木寛弁護士(東京)の登録事務所が、また詐欺師の巣に戻りました。” への1件のフィードバック

  1. 「除名」?
    有り得ないね。事実に基づかない報道そのもの。
    このサイト、無罪の弁護士を叩いて、本当の悪を叩いてないね。
    除名事由があるのに破産して逃げた有力暴力団がバックに付いた弁護士の追及はどうなったんだ?

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中