田邊勝己弁護士を巡る報道について

最近、有名弁護士である田邊勝己弁護士に対するネガティブなネット報道が繰り返しなされている。そのうちの一つのアクセスジャーナルは以前から、田邊弁護士を批判していたサイトであり、もう一つの週刊報道サイトは田邊弁護士と「仲間割れ」のうえで、アクセスジャーナルに田邊弁護士の情報を提供したようである。

 

【参考リンク】

「アクロディア」の反社会勢力に属する者、風評被害に関するとんでもIR アクセスジャーナル

 

田邊勝己弁護士(カイロス総合法律事務所)が筆頭株主であるアクロディア(マザーズ上場企業)の「反社会的勢力か否か」についてのIR(適示情報開示)で、山岡俊介氏のアクセスジャーナルへ宣戦布告か?(29/7/10) 週刊報道サイト

 

 田邊弁護士については、仕手集団や暴力団関係者と結託し経済事件に積極的に関与してきた弁護士であり、そのような連中と「しがらみ」があることは確かであろう。客筋や行動から考えれば「事件屋」と呼んだほうが適切な弁護士である。

アクセスジャーナルは、上記のリンク記事で田邊弁護士が事件屋や振り込め詐欺集団の弁護を行っていると批難しているが、弁護士の仕事として依頼者のために弁護活動を行っているのであれば批難には値しないであろう。しかし、田邊弁護士が依頼者の情報を捜査側に「売る」事はあってはならないだろう。また、オレオレ詐欺の被害者がたまたま街中で加害者に会い、返金を迫ったら逮捕されたとしているが、なぜ顔を合わせる犯罪行為ではないオレオレ詐欺の被害者が加害者の顔を知っていたのかの解説がなければ、単なる詐欺師同士の「内輪もめ」とみられても仕方ないだろう。

週刊報道サイトは田邊弁護士を批判する「新橋新報」を掲載し、田邊弁護士の問題点を論っているが、かつては一緒にアクセスジャーナル批判をしていたことから、単に「カネ」で転ぶ「ポジショントーク」と判断されても仕方のない点がある事も確かである。

アクセスジャーナル・週刊報道サイトともに田邊弁護士の弁護士活動が、弁護士の品位を汚すような行動をしていると考えるのであれば田邊弁護士に「懲戒請求」を行うべきであろう。その過程を公開すれば、自らの報道の真実性も立証できるはずである。また、田邊弁護士の行為が犯罪行為というのであれば、刑事告発を行うべきであろう。

今回のアクロディアのIRは、おそらく「新橋新報」の報道について断固たる措置を取るために、検察・警察のOBを取り揃えたと考えられるので、田邊弁護士批判が刑事事件として取り扱われるのは必至だと思われる。

筆者は田邊弁護士について寄せられる情報などから、判断すると田邊弁護士の弁護活動や経済行為には感心するものではない。田邊弁護士の今までの行動には様々な問題があると考えているが、単なるポジショントークの報道では田邊弁護士批判が世論となる事はないと考えている。

裁判官が虚偽記載の可能性 一審判決を破棄 深刻な法曹の質の低下

読売新聞は6日付で「裁判官が虚偽記載の可能性、1審判決を破棄」として以下の記事を配信した。

 

大阪地裁岸和田支部が作成した公判調書に虚偽記載があったかどうかが争われた刑事裁判の控訴審判決が6日、大阪高裁であった。

 福崎伸一郎裁判長は、法廷でのやり取りが記された同支部作成の別の書面について、裁判官が違法に虚偽記載をさせた可能性を指摘。「判決に影響を及ぼすことが明らかな法令違反があった」として1審の有罪判決を破棄し、審理を大阪地裁に差し戻した。

 自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)に問われた男性被告(35)の裁判。1審の地裁岸和田支部(大崎良信裁判官)が作成した公判調書には、被害者の家族が被告への質問を申し出た際、検察官(副検事)が「許可相当と思料(しりょう)します」との意見を述べたと記されていた。

 1審判決後、弁護人は同支部に異議を申し立て、「検察官は意見を述べていない」と主張したが、同支部は、異議を受けて作成した書面に「検察官から意見が明確に述べられた」と記載した。

 控訴審で証人出廷した同支部の書記官は「法廷のやりとりを記載した」と証言したが、検察官も意見を述べなかったと認めたことから、福崎裁判長は、書記官の証言は信用できないと判断。ただ、公判調書自体は「検察官が暗黙のうちに意見を述べたと解釈する余地もあり、ただちに誤りとは言えない」とした。

 その上で、「明確に述べられた」と記載された書面は事実ではないと認定。「1審の担当である裁判官があえて事実と異なる記載をさせた可能性があり、単なる過誤として見過ごすことはできない。審理の公平性にも疑念を抱かせる」と厳しく指摘した。

 判決後、弁護人の赤堀順一郎弁護士は「司法の根幹を揺るがす許せない行為だ」と述べ、刑事告発も検討する考えを示した。

 

引用以上

 

 公正であるべき裁判所のデタラメを指摘し一審判決は破棄、差戻しとなったという前代未聞の事件であるが、裁判所の仕事がこの程度のものでしかないことは、多くの弁護士は分かっているはずである。「お上」に立てついてもしょうがないと考え、あきらめる弁護士も多い中で、この裁判の弁護士人である赤堀弁護士の行動は称賛に値するだろう。

裁判官に限らず検察官にも最近は出来の悪いのが多く、一昔前の不良警官のように、小便刑にしかならない罪状の被疑者に対して「無期懲役にするぞ」などと申し述べ自白を強要したり、被疑者の調書の訂正に頑として応じない検事など、法曹の質の低下には深刻なものがあるようである。

大体しっかりとした取り調べを行っているのであれば、調べの可視化は大歓迎であるはずなのであるが、デタラメな取り調べがあった時に、弁護士が「可視化」を求め意見書を提出しても、まずまともな返答がないのが実情である。

司法制度を担う、裁判官・検察官がデタラメを行うのであれば「法治」とは言えないのは当然であり、国民が司法制度を信頼しなくなることは明白だろう。

まともな仕事をしない(できない)裁判官・検事から法曹資格を即刻剥奪できる制度を整備することが必要なはずである。

連絡不能の菅谷公彦弁護士(東京)の連絡先電話番号が変更されています。東京弁護士会に変更の届け出はしていないようですが、会として対処する意思はなさそうです。

菅谷公彦弁護士(東京)が詐欺的な行為をしていることや、菅谷弁護士が現在連絡不能状態であることは何度かにわたりお伝えしているとおりである。

 

【参考リンク】

菅谷公彦弁護士(東京)預り金横領で約7100万円の賠償命令 東京弁護士会は懲戒請求も提起されていることから懲戒処分の事前公表を行うべき

 

菅谷公彦弁護士(東京)が詐欺的行為を行っていたことについて情報が寄せられています

 

連絡不能とされる菅谷公彦弁護士(東京)の事務所登録を放置する東京弁護士会の怠慢

 

この菅谷弁護士が東京弁護士会に登録している電話番号である03-5215-6433に電話をすると「移転のため」の連絡先として03-3389-4470の電話番号が案内されるとの情報が寄せられた。筆者も、菅谷弁護士が届け出ている03-5215-6433に架電をしたところたしかに、上記の番号が移転先として案内されていた。

東京弁護士会は、移転先の電話番号に連絡し菅谷弁護士と連絡を取り、早急に事務所登録の変更を申請するように促すべきであろう。移転先の番号が判明しているにもかかわらず、適切に指導監督連絡権を行使しない東京弁護士会は職務懈怠と言われても仕方ないだろう。

菅谷弁護士が詐欺的な行為を行っていることは報道されているのだから、東京弁護士会は適切に菅谷弁護士に指導を行わないようであれば、弁護士自治の役割を果たしていないということを自覚するべきであろう。

司法制度を揺るがせる判決偽造を行った堀江(大槻)幸弘弁護士に有罪判決

産経新聞は4日付で「判決文偽造の弁護士に有罪「司法の信頼損なう」 神戸地裁 」として以下の記事を配信した。

 

 提訴手続きを怠ったのを隠すため、民事訴訟の判決文を偽造し関係者に送ったとして、有印公文書偽造、同行使の罪に問われた兵庫県弁護士会の弁護士、堀江幸弘被告(37)=京都市西京区=に神戸地裁は4日、懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 小倉哲浩裁判長は判決理由で、提訴手続きをしていないことが依頼者に発覚しないようにしたとの動機を「身勝手」と批判。偽造を見破るのが難しい体裁になっていたと指摘し「弁護士の知識と経験を悪用し、公文書や司法の信頼を大きく損なった」と述べた。

 一方で、私欲のためではないことや示談成立を猶予の理由とした。

 判決によると、兵庫県加西市の自治会が依頼した土地登記の訴訟を巡り、今年3月、神戸地裁社支部と大阪高裁の実在の裁判官名義で「被告は所有権移転登記手続きをせよ」「控訴を棄却する」といった内容の判決文2通を偽造し、加西市役所などにファクスした。 兵庫県弁護士会の白承豪会長は「司法制度の根幹を揺るがし遺憾。真摯に受け止め再発防止に取り組む」との談話を出した。

 

引用以上

 

 弁護士が判決を偽造したのであるから、その罪が重いことは当然であろう。自らの職責を忘れ、依頼者を欺くために訴訟提起を装い判決文まで偽造したのであるから、裁判所の指摘どおり「身勝手」であり「弁護士の知識と経験」を「悪用」したことは事実だからである。自らの知識を法廷で使わずに、文書偽造のために使ったのであるから、被害者と示談が成立したとはいえ有罪判決は当然であろう。

裁判所は、犯行動機が「私欲」ではないと判断しているようだが、筆者から言わせれば着手金をふんだくって何もしないで判決を偽造したのであるから、堀江(大槻)弁護士の犯罪行為は「私欲」でしかないと考える。報道の内容によれば自治会の依頼による訴訟なのであるから、公共性が高い訴訟提起だったのではないかと考えるが、そんな訴訟を「放置」し判決文を偽造したのであるから実刑判決に処してもよかったのではないかと思われる。

兵庫県弁護士会は「司法制度の根幹を揺るがし遺憾」と談話を出しているが、本当にそう思うのであれば、早急に会請求で懲戒請求を堀江(大槻)弁護士に行うべきであろう。そんなこともできないようであれば、この声明は単なるうわべだけのお話という事であることを白承豪会長は理解するべきであろう。

伊勢原駅前「つゆきビル」を巡る殺人事件で矢野治死刑囚に逮捕状 つゆきビル争奪戦に参加した倫理無き資格者たち

時事通信は6月30日付で「前橋スナック乱射の矢野死刑囚に逮捕状=不動産業の男性殺害容疑で警視庁」として以下の記事を配信した。

 

神奈川県伊勢原市の山中で不動産業の津川静夫さん=当時(60)=の遺体が見つかった事件で、警視庁が前橋スナック銃乱射事件の矢野治死刑囚(68)について、殺人容疑で逮捕状を取ったことが30日、捜査関係者への取材で分かった。来週中にも逮捕する方針。

 捜査関係者によると、矢野死刑囚は1996年8月10日ごろ、津川さんを殺害した疑いが持たれている。

 矢野死刑囚は、暴力団関係者(故人)から依頼を受け、別の暴力団関係者(同)に津川さんの殺害を指示したとする文書を警視庁渋谷署に提出していた。同庁は、共謀したとみられる暴力団関係者も殺人容疑で書類送検する方針。

 

引用以上

 

 丹沢へのバスルートの玄関口である、伊勢原駅北口に不気味にたたずむのが「つゆきビル」であり、現在ビルの一部が解体され廃墟と化しているのである。

このビルの権利に関しての殺人事件が矢野死刑囚の告白により明らかになったわけだが、この被害者の失踪後も、事件屋・自称右翼のエセ同和関係者や「大天才(大天災)」の事件屋司法書士などが、このビルを手に入れようと犯罪行為を繰り返していたのである。

 

【参考リンク】

伊勢原駅前「つゆきビル」をめぐる殺人事件 カネの為なら人殺しをする連中と結託する資格者たち

 

 人殺しから、「カネの亡者」の資格者から、チンピラまでが参加した「つゆきビル」争奪戦であるが、一度は伊勢原市にこのビルの購入を承諾させたエセ同和の國井洪であるが、結局は自らが産廃処理法違反で逮捕されたことなどから、伊勢原市が購入を断念し現在に至っているのである。この件においては「大天才」の司法書士は姑息な策を弄したようだが、エセ同和に完敗したようである。

今回矢野死刑囚が逮捕されるにあたり、この殺人事件の真相解明についてはもちろんのことであるが、被害者の死亡後に関与した様々な「カネの亡者」らの犯罪行為についても警視庁はしっかりと捜査を行うべきであろう。

無知(無恥)無能・無教養 知性ゼロのバカ芸人の言動を垂れ流す電気紙芝居の害悪

筆者はほぼお笑い番組は見ない。しかし落語は好きである。落語の人情・艶話・ブラックユーモアは本当に面白い。(今は亡き談志の黄金餅をぜひ聞いてみてください)

だいぶ前に、声が出ないほど呆れると勧められた映画があり、大きなシアターで観客数十人の中で見た映画が自称天才の松本人志監督の「シンボル」という映画である。筆者は感動に震えてこの映画を見たことが忘れられない。映画としてデタラメであるばかりでなく、全く知性のない人間が知性のあるフリをして必死にインテリごっこをした挙句に、ストーリー・映像・構成ともに破綻している見るに堪えない映画であったからである。こんなモノを配給した映画会社に呆れるとともに、この馬鹿を勘違いさせる吉本興業の影響力に慄然としたものである。

顔を見れば一目でゲスとわかる松本が、秘書に暴力と暴言を吐いたことが暴露された豊田真由子議員を擁護するような、松本らしいバカ発言をして被害者を揶揄いたことに弁護士が危惧の念を述べている。

 

【参考リンク】

パワハラ被害者が録音していることを揶揄する風潮はマズい 佐々木亮弁護士

 

 上記の佐々木弁護士の言説はもっともであり、知性ゼロでもインテリごっこがしたい松本の発言などを、垂れ流す電気紙芝居には大きな問題があるだろう。芸人は自身の芸で勝負するべきであり、偉そうな言説を述べても鼻白むだけであるのであることを理解するべきであろう。

この馬鹿や島田紳助は同じメンタリティを持ち、強いものには媚びへつらい、弱者を揶揄する典型的なクズである。こんな奴らの芸など芸というよりは単なる太鼓持ちであろう。

弱者を叩くことで留飲を下げさせる、芸とは言えないようなバカの言動などを取り上げる電気紙芝居はますます国民から呆れられるとともに、チンピラ的感性の自称「芸人」と呼ばれるバカ集団など何の役にも立たないのであるから、一切の報道から締め出すべきであろう。

芸能とは権力をコケにしても許される道化であり、既存の価値観を相対化することに意味があるのである。タロットカードの「愚者」トランプの「ジョーカー」が芸人の役割なのである。

インテリごっこがしたいが、結局は無知(無恥)無能・無教養をひけらかす松本人志も島田紳助と同様に芸能界から追放されるべきである。