巧妙な判決文偽造を行った堀江幸弘弁護士(旧姓大槻)に懲役1年6月の求刑

産経新聞は27日付で「判決偽造に1年6月求刑 兵庫の弁護士」として以下の記事を配信した。

 

 偽造した民事訴訟の判決文を市役所など関係先に送ったとして、有印公文書偽造、同行使の罪に問われた兵庫県弁護士会の弁護士、堀江幸弘被告(37)=京都市西京区=は27日、神戸地裁(小倉哲浩裁判長)の初公判で起訴内容を認めた。検察側が懲役1年6月を求刑し即日結審した。判決は7月4日。

 検察側は論告で、提訴の手続きを約3年半にわたり放置し、依頼者には「提訴した」とうその報告を続けた経緯に同情の余地はないと批判した。

 司法書士が見ても偽造とは気付かなかったことも指摘し「公文書や弁護士への信頼を損ない、社会的影響も大きい」と述べた。弁護側は自ら出頭したことや示談成立を理由に執行猶予を求めた。

 起訴状によると、兵庫県加西市の自治会から依頼された土地登記を巡る提訴を怠ったのを隠す目的で、今年3月、神戸地裁社支部と大阪高裁の判決文2通を偽造し、関係先にファクスで送ったとしている。

 

引用以上

 

 堀江弁護士の旧姓は大槻である。この事件が発覚し、姓を堀尾に変更したということである。そんな堀尾弁護士は、司法書士が見ても偽造とは気が付かないぐらい巧妙に偽造されたものであり、被害者との間で示談が締結されたとは言っても、「社会正義の実現」を使命とする弁護士が行った犯罪行為としては検察側の論告内容は極めて的を得ているものである。

堀江(大槻)弁護士は、巧妙な偽造判決を作成することには労力は惜しまないが、依頼者の求める訴訟提起には労力を費やさなかったようである。1年6月という求刑からは執行猶予判決の公算が大であるが。兵庫県弁護士会は独自に堀江(大槻)弁護士に対して懲戒請求を申し立てるべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中