相続財産管理業務で業務上横領を行った永野貫太郎弁護士に実刑判決

産経新聞は27日付で「業務上横領の弁護士に懲役2年6月の実刑判決」として以下の記事を配信した。

 

相続財産管理人として管理を任されていた現金計2166万円を横領したとして、業務上横領の罪に問われた第二東京弁護士会所属の弁護士、永野貫太郎被告(75)=東京都町田市=の判決公判が27日、千葉地裁であった。

 藤井俊郎裁判官は「被害は多額で、5年弱の間に30回も犯行を繰り返すなど刑事責任は重い」と指摘。永野被告に懲役2年6月(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡した。

 最後に、藤井裁判官は「裁判所としてもこれまでの業績に深く敬意を表するが、きちんとけじめをつけ、残された人生を穏やかに過ごしてほしい」と永野被告に説諭した。

 判決によると、永野被告は千葉家裁八日市支部から選任され、相続財産管理人として管理していた死亡した男性の銀行口座から平成23年2月~27年11月に30回にわたり現金計2166万円を不正に引き出して着服したとしている。

 執行猶予付きの判決を求めていた弁護側は閉廷後、判決を不服として、東京高裁に即日控訴することを明らかにした。

 

引用以上

 

 永野弁護士は先の大戦の戦後補償についての論客である有名弁護士である。そんな有名弁護士のカッパライ行為に対して実刑判決が下されたのである。報道のとおり、約5年間の間に30回もカッパライを行った永野弁護士の刑事責任は重大であり、実刑判決は当然であると思われる。

永野弁護士は即日控訴したらしいが、保釈を申請する狙いもあると思われる。永野弁護士には裁判官の説諭のとおり「きちんとけじめ」をつけるべきであろう。そのためには保釈よりも服役を選択するべきであったと思われる。相続人もいないのだから、国庫に納付することになるカネだからカッパライしても構わないだろうと永野弁護士がお考えなのであれば、是非とも正直な意見を公表するべきであろう。

永野弁護士が所属する「独自の気風」が誇りの第二東京弁護士会が、永野弁護士の有罪判決を受けどのようなコメントを公表するかが楽しみである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中