前代未聞 暴力団関係の通達文書の偽造で逮捕 

21日付で朝日新聞デジタルは「「自分が会津小鉄会長の後継」文書偽造容疑 傘下組長ら」として以下の記事を配信した。

 

指定暴力団会津小鉄会(京都市下京区)の新会長に自分が指名されたなどとする文書を偽造したとして、京都府警は21日、同会傘下の組長、原田昇容疑者(64)=京都市伏見区=と、指定暴力団山口組直系の司興業(名古屋市)組長の森健次容疑者(67)を有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、原田容疑者は同会の中で山口組側とされる。原田容疑者らは共謀し、1月、引退を表明した指定暴力団神戸山口組側とされる同会6代目会長の馬場美次(みつぐ)容疑者(76)=暴力行為等処罰法違反などの容疑で逮捕=の後継会長に自らが指名されたなどとする虚偽の文書を作り、関係者に流した疑いがある。

 同会をめぐっては1月11日、京都市下京区の本部事務所周辺で、神戸山口組側の組員と山口組側の組員らによる乱闘事件が発生。府警は今月に入り、乱闘に関与したとして、神戸山口組組長の井上邦雄容疑者(68)ら数人を暴力行為等処罰法違反(集団暴行)と傷害の疑いで逮捕している。

 

引用以上

 

 文書偽造の罪で逮捕される場合の多くは、偽造文書を行使する目的で他人の印章・署名などを偽造して、権利・事実証明に関する文書などを偽造する犯罪である。不動産の権利証や手形・小切手や契約書などがその対象となる事が多い。

今回の摘発は暴力団の地位に関する内容を偽造した文書偽造ということなので、まさに前代未聞であろう。暴力団内部の地位の事で、被害を受ける者などいないはずであるし、この文書が原因で騒動などが誘発されたことが事実であるとしても、その騒動の当事者を検挙すれば良いのではと考えるからである。

この事件について山之内幸夫元弁護士が、以下のリンクの記事中で「今後、暴力団が“状”を出す際、弁護士に依頼するような時代がくるかもしれません」と述べているが、確かにそのとおりであると思われる。

 

【参考リンク】

山之内元山口組顧問弁護士が解説 前代未聞の逮捕容疑となった“状”の偽造って?

 

現在の状況でも、単に「カネ」目当てに暴力団や犯罪集団に擦り寄る弁護士も多いことから、暴力団関係の文書などの作成を「業」とする弁護士が現れても何の不思議もないと筆者は考えている。

 

“前代未聞 暴力団関係の通達文書の偽造で逮捕 ” への2件のフィードバック

  1. この事件は、世間の目を後の弁護士の事件からそらす、警察と弁護士資格のある人たちの策だと思われますが
    いかがでしょうか?

    弁護士は、海外逃亡の支度でもしていらしゃいませんか?時効が近いから。
    逃亡はやめましょう。自首してください。

    弁護士の偽計などないとした公文書を発行したのは、宮崎県弁護士会綱紀委員長江藤俊彦弁護士。スピード棄却した懲戒請求の議決書です。

    宮崎北警察署に江藤俊彦弁護士の犯罪相談をしていたのに、宮崎県警察本部長は公安委員会の委員に江藤俊彦弁護士を推薦し、宮崎県議会で承認を受け、宮崎県知事から任命を江藤俊彦弁護士に与えてもらいました。
    この方に警察の体面を保ってもらったのに。

    宮崎地方裁判所と福岡高等裁判所の4人の裁判官も弁護士に、嘘偽りはないと判決に書いてくれたけど、

    それは、憲法違反と主張され、福岡高等裁判所宮崎支部で上告を却下出来なかったから、最高裁は、検察に骨抜きにした証拠で捜査させて、どんな結果を導かせようとしたのでしょうか?

    骨抜きの証拠で告訴告発状を受理し捜査をすることを私は、させません。

    安部総理も虚偽通知で職を失うかも知れませんよね。世界最先端の研究室は新設しなくても既存の研究室をリホームすれば、いいのではと思いますが。鳥フルや口蹄疫から、畜産業者を守ために、必要な研究室だと誰かが安部総理に陳情したのでしょう。宮崎県ではないでしょうか?

    リタイアした教授が誠実な気持ちで研究室で熱望していたのを政治的に利用されて気の毒に思います。

    これから前代未聞のニュースが続くことでしょう。

    いいね

  2. 加計学園の問題マスコミと市民の情報を分析したのが、ネットにまとめられていますね。

    利益誘導の道筋がはっきりし、弁護士資格のある方は、安部総理の刑事責任を問えると判断しておられるでしょう。

    安部総理の刑事責任について、一点の曇りもないほどに、主観的客観的な証拠を集めをマスコミと市民がしています。すごい。

    政府が主導しているのは、プロパガンダ 巧妙な思考への攻撃、

    大阪地検が国策捜査で安部総理を捜査対象にされる日も近いと予期します。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中