なんと犯罪常習元弁護士の吉永精志からの斡旋で依頼者から事件を受任する弁護士が存在することが判明しました

食えない弁護士たちは「カネに追われ」無理筋の依頼を受け、結果的に無理筋事件の依頼者に揚げ足を取られ、「奴隷化」していくことが多い。良い例が、犯罪業務請負の常習であった弁護士法人公尽会の保持清元弁護士であろう。そのほかにも、最近民事で訴えられた中田康一元弁護士のなどが想起される。

このような道を辿りそうな弁護士の情報が筆者に寄せられた。なんでも、非弁行為に留まらず、詐欺の片棒というより主犯格を務める諸永芳春弁護士が名義を務める、内神田総合法律事務所に在籍の「ヤメ弁」吉永精志元弁護士からの依頼を受け、諸永芳春弁護士が法廷に出られないのでとして、多くの事件屋からの依頼を受けることで有名な弁護士事務所の弁護士が紹介される事例が何例かあるとの事である。

犯罪常習者というべき吉永精志元弁護士は弁護士ではないので、その紹介する事件を受けるだけでも非弁提携に当たると思われるのであるが、犯罪的弁護活動を行う者たちのネットワークの闇は想像以上に深いようで、問題・犯罪弁護士のネットワークが存在するようである。

中田康一が除名され、飯田秀人弁護士がお亡くなりになり、三﨑恒夫が長期の業務停止中で、犯罪的弁護活動を行う者の代表は諸永芳春弁護士・吉永精志元弁護士であろう、懲戒処分5回を誇る笠井浩二弁護士などは単に「カネに追われる」だけの印象で小粒な感じが否めない。そのほかは名義を貸して糊口を凌ぐ非弁屋に使われる弁護士や、「ヤメ検」を看板に証拠隠滅や「調書を合わせる」ために動く、下半身双方代理の倫理観無きI弁護士などであり、いずれも大した連中ではない。

日弁連や東京三会は、犯罪常習者吉永精志に加担する現役弁護士に対して調査を行い、弁護士の品位を汚すような行為を行っていることが判明した場合は、弁護士自治の信託者である国民のためにも、速やかに会請求で懲戒請求を申し立てるべきである事と、その行為が犯罪に該当するのであれば遠慮なく刑事告発を行うべきであろう。それが弁護士自治の役割であるはずだ。

One thought on “なんと犯罪常習元弁護士の吉永精志からの斡旋で依頼者から事件を受任する弁護士が存在することが判明しました”

  1. 宮崎県弁護士会員法人みやざき所属の山田文美(あやみ)弁護士の偽計業務妨害の詳細は、宮崎簡易裁判所における賃料等請求事件にまとめて公開しています。事件番号は、弁護士と闘うの宮崎県弁護士会の資料にのせてもらっていました。

    判決は双方控訴せず確定しています。2回で終結しています。裁判官の判断に少しのゆがみがあります。1/5弁護士勝利にしてプライドと法テラス建前上完全に弁護士敗訴させられなかったから、変な判断になったのであろうと判断しています。

    弁護士の偽計業務妨害に関心のあるかたは、是非調査して分析して見てください。

    訴訟詐欺未遂については、宮崎地方裁判所に不法行為謝罪請求事件で論じています。弁護士会の不正な議決書や警察の証拠も一般公開しています。

    事件番号は、また、別の機会にお知らせします。

    判決をみると、裁判官がどのように弁護士の偽計業務妨害の行為を隠蔽しているかが分かります。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中