筋金入りの非弁活動で40年間糊口を凌いだ新田恒治容疑者を逮捕 この手の事件であれば「大天才」を自称する問題司法書士を逮捕すべきでは?

朝日新聞デジタルは14日付で『無資格で法律業務40年? 容疑の81歳「家族養った」』として以下の記事を配信した。

 

無資格で遺産分割などの法律業務を行ったとして、警視庁は、東京都足立区舎人4丁目の無職、新田恒治容疑者(81)を弁護士法違反(非弁行為)や司法書士法違反などの疑いで逮捕し、14日発表した。容疑を認め「40年以上無資格で仕事を請け負い、家族を養ってきた」と話しているという。

 保安課によると、新田容疑者は昨年3月、弁護士資格がないのに報酬目的で都内の80代女性から遺産分割の業務を請け負ったほか、同様に無資格なのに「司法書士・行政書士 新田恒治」と書かれた名刺を女性の親族に送った疑いがある。昨年6~12月には、江戸川区内のアパートの家主からの依頼で、家賃を滞納していた住民3人の立ち退き交渉を行う弁護士業務をした疑いもある。

 同課は新田容疑者が非弁行為などで、約40年間で約1億2千万円を不法に得たとみている。2003年と09年には、東京司法書士会が、新田容疑者に対して無資格での業務をやめるよう警告していたという。

 

引用以上

 

 新田容疑者は、40年間も非弁行為を続け家族を養っていたのであるから、大した営業力があったと思われる。東京司法書士会から2度の警告を受けながらも、今まで何らの処罰を受けなかった事から、新田容疑者は増長したものと思われる。

新田容疑者に限らず、非弁行為を業にする者は多い。平成19年に東京弁護士会から退会命令の処分を受けた近藤繁雄弁護士の事務所に寄生していた「小石」という自称弁護士や、「ヤメ弁」である吉永精志や佐竹修三は現在もご活躍している。

こんな非弁行為の常習者は当然取締りの対象になるべきであろうと思われるし、いま取締りが最も求められるのは、自称「大天才」の問題司法書士であろう。この天才司法書士は本人訴訟を装って訴訟業務を行い、様々な事件に介入する「事件屋」と呼んだほうがふさわしい人物である。この「大天才」の周囲では「天災」のような災難が頻発しているようであるが、自分自身を「大天才」と認識している、この司法書士は周囲の災難など気に掛けず犯罪者と手を組むことを全く厭わず「カネ」だけを追いかけているのである。

警視庁保安課は新田容疑者に留まらず、現在も活躍中の「ヤメ弁」のセンセイ方や「大天才」の司法書士の摘発に力を注いで頂きたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中