ブライテスト弁護士法人(代表社員渡辺征二郎弁護士)の公式ウェブサイト 経歴に懲戒処分を掲載することをお忘れですよ!

問題弁護士で除名処分を受けた中田康一元弁護士が代表であった、A&H弁護士法人の後釜に収まっている渡辺征二郎弁護士であるが、法人名を「ブライテスト弁護士法人」に変更したことは、お伝えしたが、この「ブライテスト弁護士法人」のウェブサイトが公開されているとの情報が寄せられた。

 

【参考リンク】

 ブライテスト弁護士法人

 

見栄えの良いウェブサイトではあるが、非弁屋直営だけあり、業務内容の中に最近非弁屋が力を入れている、ネット中傷被害やヤミ金被害が掲載されているのは流石である。また代表社員の渡辺征二郎弁護士の立派な経歴も掲載されており、大先生が「ヤメ検」であることや、日本弁護士連合会消費者問題対策委員であったことも掲載されている。

しかしながら、渡辺征二郎弁護士が2010年11月1日被懲戒者の事務所の事務員であった懲戒請求者Aとの間で懲戒請求者Aが立て替えていた事務所経費220万円を毎月20万円ずつ分割払いする旨合意し、合計90万円を支払ったが2011年11月16日に懲戒請求者らが紛議調停を申し立てるまで残金を支払わず紛議調停申立て後に60万円を支払ったものの残金70万円を支払わず紛争を未解決のまま放置した。として第一東京弁護士会から戒告処分を受けた事が掲載することをお忘れになっているようである。この法人を運営する非弁屋は、この処分の内容をしっかり掲載していただきたい。

また、渡辺征二郎弁護士がなぜ「詐欺師」と呼んで差し支えない中田康一元弁護士の後釜に収まったのかも是非公表していただきたいものである。

“ブライテスト弁護士法人(代表社員渡辺征二郎弁護士)の公式ウェブサイト 経歴に懲戒処分を掲載することをお忘れですよ!” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中