日弁連業務改革シンポジウムのご案内に感じる違和感 弁護士不祥事の防止やカルパ制度導入を論議しない不思議

日弁連ウェブサイトには「今週の会長」というトピックがあり、現在の日弁連会長の一週間の動きがアップされている。5月25日には「日弁連業務改革シンポジウム」の開催について小池東京都知事を表敬訪問したそうだ。

 

【参考リンク】

今週の会長(2017年5月21日~5月27日)

 

弁護士業務の改革になぜ都知事を表敬訪問するのか全く理解できないが、少なくとも弁護士自治の信託者である「国民」など全く視野に入っていないことはよく分かる行動である。

この業務改革シンポジウムは9月9日に行われるそうだが、そのシンポジウムのテーマには「弁護士不祥事の防止」や預り金のカッパライの防止に寄与すると思われる「カルパ制度」の導入に関するテーマは無い。

 

【参考リンク】

第20回弁護士業務改革シンポジウムのご案内

 

 弁護士業務の改革に必要なのは、わけのわからない空虚な理念ではなく、実際に多くの国民が被害に遭っている「預り金横領」「着手金泥棒」の被害防止策や、犯罪幇助弁護士と呼んで差し支えない諸永芳春やA&H弁護士法人などを弁護士懲戒請求を経ずして早急に通報できる制度の検討や、詐欺的なリスティング広告で客を誘引する「街角」や「サルート」のような非弁屋の問題も議論することが弁護士自治の信託者である国民の要望に沿うものであると筆者は考える。

自己満足的な名前だけの「業務改革シンポジウム」など、何の役にも立たないことは明白である。今からでもテーマの変更を日弁連にはお願いしたい。なおこのシンポジウムは一般の方は無料で事前予約なく参加できるので、弁護士によって被害を受けた方は、明治以来続く愚劣な立身出世のシムボルである安田講堂で開催されるシンポジウムに参加して頂き、弁護士不祥事による被害の実情をエライ先生方に聞いていただくと良いと考えている。

“日弁連業務改革シンポジウムのご案内に感じる違和感 弁護士不祥事の防止やカルパ制度導入を論議しない不思議” への1件のフィードバック

  1. 弁護士不祥事の根本原因は、弁護士の倫理観のゆがみではないでしょうか?

    ゆがんだ倫理観を植え付けているのが、弁護士養成の大学や大学院教育ではないですか?

    そして、お金。

    依頼人のためなら、依頼人に不当な利益を得させるために働きお金をもらっても、何も悪くはない。と思っている弁護士もいる。

    懲戒請求されても、弁護士会がかばってくれます。

    警察も弁護士会の議決書を盾にして、弁護士の犯罪を捜査しません。
    警察にも税金で顧問弁護士がついています。それは、市民の利益のためではなく、警察職員の不祥事をかばうために、働く弁護士です。

    公安に苦情を言っても、公安委員会に弁護士を入れて、警察職員と弁護士を守ります。

    裁判官も証拠がなくても、弁護士の偽りの陳述書で判決を書いてくれます。
    俗にこれは、八百長と言います。

    弁護士に業務改革をしてもらうには、
    司法界全体の倫理観の改革が必要な状況ですよね。

    こんなことしても、これくらいなら少しの懲戒で済むや警察も検察も議決書や判決で、かばってくれるから、大丈夫。

    仕事をしても、依頼人からお金が貰えないかもという心配はありません。

    横領する人がいても、現行の制度は維持しますよ。

    弁護士としてやっていける。

    弁護士は何にでもなれる。

    日弁連という大きな権威のある組織が背後にいるから、弁護士は安泰です。

    と、日弁は、一般公開したいのでは、と思いますけど。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中