特殊詐欺の「カモリスト」を元に営業活動を行う弁護士 食えない弁護士の生活費は犯罪収益のおこぼれという現実

詐欺被害者の「カモリスト」を元に、着手金稼ぎをやっていたのが業務停止処分のうえで弁護士資格を返上した江藤馨元弁護士(東京)である。

 

【参考リンク】

欠陥弁護士と呼ぶにふさわしい江藤馨弁護士(東京)が業務停止1年の懲戒処分を受けたのちに請求退会をしていました

 

 この江藤馨と同じように詐欺被害者に「アポ電」を掛けて、「客集め」を行っている弁護士事務所が存在するとの情報が寄せられた。この弁護士事務所は弁護士資格を返上した江藤馨と同様に複数回の懲戒処分を受けている問題弁護士が「名義」となっている事務所であり、まともな弁護士業務を行っているとは思えない。こんな弁護士事務所がのさばっていること自体が問題なのである。

筆者はこの「カモリスト」を元に「アポ電」をして「着手金」名目でカネ集めを行う弁護士事務所の情報収集を開始した、この事実が確実になれば江藤馨と同様に実質的な詐欺行為を行う、この弁護士事務所の「非弁行為」「犯罪集団との結託」を捜査機関に報告する予定である。

この記事に心当たりのある「カネの亡者」の弁護士事務所関係者たちは、即刻犯罪行為を中止するべきであることを警告しておく。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中