実質上弁護士として活動している吉永精志の害悪 諸永芳春(第二東京)への迅速な懲戒処分を

地面師と結託して犯罪行為を行う吉永精志元弁護士であるが、最近は「取り屋」と呼ばれる取り込み詐欺師から、私募債やインチキ社債によるカネ集めを行う犯罪集団の前に立っての証拠隠滅活動や時間稼ぎの活動を積極的に行っているようである。

犯罪集団には「吉永先生」と呼ばれ、頼りにされている吉永元弁護士は犯罪集団の守護神として、様々な犯罪幇助活動に関わっているのである。

ご存知の通り、すでに吉永元弁護士が所属する弁護士事務所の「名義」である諸永芳春弁護士(第二東京)には地面師のお手伝いをしたことを理由に懲戒請求と、民事上の損害賠償請求がなされている。このほかにも多くの懲戒請求や民事訴訟が提起されているようであるが、同じような事件屋御用達の弁護士が諸永弁護士の代理人を務めているとの情報も寄せられている。

筆者が何度も、諸永弁護士の所属する内神田総合法律事務所には、指導監督連絡権を適切に行使すれば、この事務所の様々な犯罪行為が明らかになる事を指摘してきたが、独自の気風を誇りとする第二東京弁護士会は全く諸永弁護士を調査する意思はないらしい。まともに事務所にも来ていない諸永弁護士の内神田総合法律事務所が適切な弁護士業務など行えないことは明らかであるにも関わらずである。

この事務所の活動を放置しておけば多くの無辜の国民に被害に害を与えるだけであり、犯罪者吉永精志が実質的な弁護士業務を行うことは社会の害悪でしかないのである。

現在、審議中の諸永芳春に対する懲戒請求の進行状況を第二東京弁護士会は公開するべきであろう。そして、一日も早く諸永弁護士に「除名」もしくは「退会命令」の処分を下すべきなのである。そして日常的に犯罪行為を行う吉永精志を弁護士法違反で速やかに刑事告発を行う必要がある事を認識すべきなのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中