堀江(旧姓大槻)幸弘弁護士(兵庫)が業務放置をごまかすために判決文を偽造

産経新聞は28日付で「司法の危機 弁護士が判決文を偽造 提訴せず放置、兵庫県弁護士会調査」として以下の記事を配信した。

 

 兵庫県弁護士会は28日、同会所属の堀江(旧姓・大槻)幸弘弁護士(37)が民事訴訟の判決文2通を偽造していたと発表した。土地の所有名義変更をめぐる訴訟を依頼されたが、実際には提訴しておらず、依頼人に判決が出たように装っていた。今後、綱紀委員会で調査し、懲戒処分に当たるか否かを判断する。

 同会によると、堀江弁護士は平成25年7月ごろに土地の所有名義変更をめぐる訴訟を受任したが、提訴せずに放置。今月10日ごろ、パソコンで偽造した神戸地裁社支部と大阪高裁の裁判官名義の判決文計2通を依頼人らにファクスで送信した。「なかなか着手できず、依頼人に嘘を重ねるうちに偽造してしまった」と説明しているという。

 依頼人が同支部に判決結果を確認したところ、そもそも訴訟を起こしていなかったことが判明。問い合わせを受けた堀江弁護士が23日、同会へ報告するとともに、28日には神戸地検にも出頭した。同会によると、公文書偽造・同行使罪に当たる可能性があるという。

 会見した同会の米田耕士会長は「司法制度そのものの信頼を裏切る行為」と述べ、謝罪した。

 堀江弁護士は21年9月、司法試験に合格。22年12月に大阪弁護士会に登録し、24年11月に兵庫県弁護士会に登録替えした。

 

引用以上

 

 この件についてはすでに弁護士自治を考える会が、堀江弁護士が僅か数日前まで大槻幸弘という名前で弁護士登録を行っていたことを明らかにしている。

 

【参考リンク】

弁護士が訴訟判決文偽造 依頼者の提訴手続き怠り/兵庫 弁護士自治を考える会

 

弁護士自治を考える会の指摘のとおり、この判決偽造の件が明らかになる直前に姓を変えて報道機関に公表を行ったのであろう。3月27日付で日弁連の登録は「堀江」に変更されていた。兵庫県弁護士会は、堀江弁護士が判決を偽造した際には「大槻」姓であったのであるからしっかりと、そのことを伝えるべきであろう。兵庫県弁護士会会長は、以下のリンクに掲載されているとおりの会長談話を公表しているが、登録抹消を強く堀江(大槻)弁護士に指導するべきである。

【参考リンク】

 兵庫県弁護士会 会長談話

 

 本気で兵庫県弁護士会が判決偽造を重く受け止めているのであれば文書偽造の罪で刑事告発を行うべきである。チンタラと懲戒請求をやっている場合ではないのである。

しかし堀江(大槻)弁護士は、わざわざ手間をかけて判決などをなぜ偽造したのか全く理解できない。土地の所有権変更を巡る訴訟であれば、不動産登記の変更などが目的のはずなので、判決を元に法務局に登記の変更の申請をすることになると思うので、判決が偽造であることが、すぐに発覚することぐらい理解していたはずである。

こんな弁護士が当面でも弁護士業務を行うことに不安を感じるのは筆者だけではあるまい。まさに産経新聞の報道どおり「司法の危機」であることは間違いないだろう。

“堀江(旧姓大槻)幸弘弁護士(兵庫)が業務放置をごまかすために判決文を偽造” への1件のフィードバック

  1. 事件受任したそぶり見せてるのなら、訴状他準備書面は、クライアントに送付していなかったのか。大体、提訴していない裁判の判決を書く労力あるのなら、訴状書けるはず。バカかこいつは

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中