詐欺が職業の原定雄・原達也の親子の所業を暴く こんな奴らが自治体に食い込んだり正義の味方面してカネ集めをしていた事実

筆者は3月15日にマイケルジャクソンの肖像権に関する詐欺容疑で逮捕された原定雄・達也親子について以下の参考リンクの記事を掲載した。

 

【参考リンク】

暴力団関係者の原定雄と原達也の親子をマイケルジャクソンの肖像権に関する詐欺容疑で逮捕 詐欺親子は鎌倉ハム販売の私募債詐欺や福島県のとやの福祉会の破産にも関与の「カネの亡者」

 

 この記事を配信したところ、関西地方で多くの鎌倉ハム販売株式会社の私募債詐欺の被害者が発生しているとの情報が寄せられた。鎌倉ハム販売株式会社は、すでに新宿の金主と思しき高利貸のビルから本店登記を墨田区に移転しているので、被害者の方はさっそく商業登記簿を確認していただきたい。この私募債詐欺は関西地区で行われているらしく、特殊詐欺を業としている者が行っているようである。そこに稀代の詐欺師である滝義洋が結託して被害を拡大させているらしい。被害者の方は、鎌倉ハム販売株式会社の移転先を訪ね確認し、法人としての実態があるか否か確認して、おかしいと思ったら弁護士に相談し返金請求を行うか、警察に相談していただきたい。

原達也は鎌倉ハム販売の取締役であったようだが、逮捕前に1月に遡って取締役を辞任しているので何かを察知していたのかもしれない。なぜなら、この詐欺師親子が事務所を構える場所と同じ場所に、桜田門のOBであることを売りにする行政書士の事務所らしきものが存在するからである。以下に詐欺親子が同じ場所で運営する法人群を掲載するのでご確認いただきたい。

 

【東京都港区赤坂2-8-11 第11赤坂葵ビルに存在する詐欺師親子の法人群】

マイケル・ジャクソン・ジャパン株式会社

SANTOMI株式会社

エタリーネ株式会社

プレコンサルファーム株式会社

 

 この法人群と同じ住所にKO行政法務総合研究所という組織が存在するようだ。

 

【参考リンク】

全国特殊浴場協会連合会 

 

東京カオスエリアコネクション 第11赤坂葵ビル

 詐欺集団と同居する警察上がりの行書のセンセイは是非ともなぜ、原親子と事務所をシェアしているのか説明する必要があるだろう。

この原親子の法人群のうち、プレコンサルファームという法人は福島市でメガソーラー発電計画の整備を行うべく、福島市に食い込んでいたらしい。福島市は原定雄のことまで知らなかったのかもしれないが、この男は完全な反社会的勢力である。人様のカネをだまし取った金で自治体の事業になど参加させて良いわけがない。福島市は原親子と絶縁しなければ良識を問われることになるだろう。

以下に福島民友新聞の3月16日配信の記事を引用する。

 

メガソーラー計画の男逮捕 関係者ら困惑…福島市「慎重に対応」

2017年03月16日 08時35分      

 警視庁に詐欺の疑いで逮捕された男が福島市松川町水原に大規模太陽光発電所(メガソーラー)の整備を計画していた会社の社長だったことが明らかとなった15日、市や地元住民には困惑が広がった。震災と原発事故を契機に県内で整備が進む太陽光発電にはさまざまな業者が参入しているものの、実態が定かでない業者も含まれることが浮き彫りとなり、行政のチェック機能の強化が求められそうだ。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは同発電所を計画している「プレコンサルファーム」の社長、容疑者男(40)=東京都港区。同社は昨年4月以降、県営水原開発パイロット事業の農地に県内最大級の発電電力約6万キロワットの太陽光発電所を整備するなどの事業内容を地元地権者らに説明していた。地権者の大半が土地の売買について同意する意向を示していたという。

 市役所で同日行われた3月市議会の一般質問。同発電所整備計画の進捗(しんちょく)を尋ねた市議に対し、市は事業の概要を説明した後、「(容疑者の逮捕を受けて)現在事実関係を確認している。今後も情報収集に努め、慎重に対応する」と述べるにとどまり、市が同社や容疑者について十分な調査を行っていなかったことに議場からは失笑が漏れた。

 「市長のトップセールスか」という質問に対し市は小林香市長のトップセールスによる計画ではないと説明。小林市長は「(容疑者について)全く知らない」と関係性を強く否定した。市によると、農地を農業以外の目的で使うためには県からの同意が必要といい、これまで市と同社は協議を重ねていたという。

 容疑者の逮捕に、事業に関する説明会に出席した地元住民も肩を落とす。地元の男性(70)によると、開発が予定されている場所は山風が強く、農業には適さない「負の遺産」。大規模な同発電所の設置に住民は賛成の意向を示していたという。「(逮捕により)仮に事業が白紙になってしまったら残念だ」

 容疑者の逮捕容疑は歌手の故マイケル・ジャクソンさんのアニメ制作を持ち掛け、契約金名目で現金1100万円をだまし取った疑い。

引用以上

 上記記事の通り原親子はカネのためなら何でも行う人間であり、事業資金が犯罪収益であろうと何も気にしないのである。そして、上記の詐欺師親子の企業群の内に含まれるSANTOMI株式会社は、原定雄が「会長」として民事再生許可が否決され破産となった「とやの福祉法人」に介入していた法人である。原定雄が自らの立場や行動をわきまえずに、とやの福祉法人の全経営者を批難している記事を以下にリンクする。

 

【参考リンク】

被災地「福島」で起きた「福祉法人背任疑惑」の呆れた顛末

 

 このリンク記事中で、原定雄が偉そうにSANTOMI会長としてのたまってるが、自分が反社であるがゆえに、法人の代表に就けないことを述べずに「会長」として勝手な事を言っているのである、仕手筋に近いといわれる会計士や、自称右翼の逮捕歴のある福島県内の会社社長を福祉法人の理事に据えたのは間違いなく原であろう。カネ集めを行いながら補助金を掠め取ることぐらい朝飯前の連中である。

とやの福祉法人の破産管財人は原親子のことなど調査済みであろうが、徹底的にこの連中の責任を追及していただきたい。また、福島県や福島市は二度と犯罪収益で事業を行う者を行政の関与する事業に触れさせないようしっかりと監視を行うべきであろう。

One thought on “詐欺が職業の原定雄・原達也の親子の所業を暴く こんな奴らが自治体に食い込んだり正義の味方面してカネ集めをしていた事実”

  1. 宮田陽介が、鎌倉ハム販売へのつなぎ資金、肉のファクタリングと称して数億円の資金を騙し取ったとして、宮田陽介被害者の会が刑事告訴しました。鎌倉ハム販売のみならず、クラッシック事業、FX事業、海外輸入事業、モルドバワインなど、全ての詐欺の営業に加担していた事も判明しています。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中