菅谷公彦弁護士(東京)が詐欺的行為を行っていたことについて情報が寄せられています

依頼者のカネをかっぱらいして、民事訴訟を提起され約7100万円の支払い目入れが下された菅谷公彦弁護士(東京)が、昨年「投資」名目で金銭を振り込みさせ、その後連絡不能状態にしているというコメントが寄せられている。

菅谷弁護士は以前に弁護士法人アクティブ・イノベーションの代表弁護士であり、この弁護士法人の社員であった弁護士たちは菅谷弁護士についての情報を公開するか、東京弁護士会に情報提供を行うべきであろう。また、実際には同弁護士法人の経営がまともに行われてなかったことから、菅谷弁護士は「カネに追われる」事態になったと思われることから、経営状況が分かる元所属社員も事実を公表してほしいものである。

菅谷弁護士はプロレスやスポーツ選手の「タニマチ」をしていたらしい。メディアにもよく登場していたことから、自分の仕事の使命を忘れて「芸能人」もしくは「有名弁護士」を気取っていたのであろう。

菅谷弁護士が、この内容に異論があるのであれば、是非とも当ブログにコメントを寄せていただき、どのようにすれば菅谷弁護士と連絡が可能なのか明らかにして欲しい。

また繰り返すが、東京弁護士会は、菅谷弁護士の行状から懲戒処分の事前公表を行うべきである。また詐欺行為を働く可能性があるので、しっかりと弁護士自治の信託者である国民に被害が及ばぬよう対処をするべきであろう。

“菅谷公彦弁護士(東京)が詐欺的行為を行っていたことについて情報が寄せられています” への8件のフィードバック

  1. 弁護士は、懲戒制度上🙈見ざる🙊言わざる🙉聞かざるのサンさるを実践しなければ、仲間から懲戒にかけられてしまうのではないでしょうか?

    仲間に情報提供を求めるのは効果的ではないと思いますが、………

    警察官が、初動捜査をしてくれるのが、一番なのですけど、

    検察官が立件しやすくて、確実に有罪になりそうなら、警察官も動いてくれるかも。

    警察官は、詳しく調べもしないうちから、詐欺ではないと判断して、被害者を追い返すのか、組織的に行われているので、分からないけど。

    いいね

    1. 小生は離婚訴訟で大変な経験をしました。妻の原告代理人として菅谷公彦弁護士は、最初小生に会いたい旨、文書での連絡がありまし。知人の弁護士に相談したところ、会いたいと言うのだから会ったらいい,とのことであり二回上京た。
      二回ととも母親が弁護士のような対応して,奥さんは別れたいと主張されている。覆水盆に返らずですよ。などと発言される、機をみてか遅れて入室され、
      離婚回避は難しい旨の発言をされた。二回ともほぼ同様のことでした。その後、
      被告宅を訪問されたりしたが、結局、DVの申請がなされ、すぐさま、調停の申請がなされた。小生が対面方式を求めると無理だと言い、仕方なく別個方式
      にした。
      一回目、被告は自分の主張ばかりであり、不適当だと主張した。調停とはこ
      の方式では、まず、小生の言い分を聞いて下さるのがのが、当然ではと理解し
      ていた。民訴は履修しておらず、ましてや、実務など全く判らず、、、二回目
      の調停出頭命令がだされ、十分前に控え室にて約四十分待たされ、ようやく調停
      が開始され、調停人に促がされて一分間ほど発言すると突然、原告代理人が、
      大声でわめきながら入室し,調停は中止だと叫ぶ。室内は混乱になり、係官が来て本日の調停は中止するとのこと、小生の発言の機会を一方的に奪われ、それ以後、調停は開かれず仕舞いであり、訴状が出されて、今度は、訴状に対応すべく提出した小生の答弁書に最初の裁判官に早急に提出すよう促がされても提出せず、書記官にも促されても提出せず、同書記官に再度、次回には提出を約束しても厳守せずである。
      裁判官の移動があってからも、被告は答弁書にたいする返答を同裁判官、同書記官の求めに提出の旨を述べながら、提出したのが九ヶ月後であった。
      全く法廷を何と心得ているのか、小生ですら呆れてしまった。準備書面、陳述書の内容もデタラメが沢山あり、指摘しても一向に適当にあしらわれる性癖に怒りさえ覚える。最終弁論で被告人への慰謝料は五百万円はくだらいと主張した。
      但し、最終弁論では弁護士を選任した。控訴すると菅谷弁護士ではなく、控訴
      弁護士から受任の連絡があり、十日余でその弁護士の受任の撤回、新たな控訴弁護士から受任の連絡があった。彼の横柄な態度と行動に何人が泣かされたのか、
      人相学など学ばなくても、彼の表情から彼の人間性を確実に捉えられた。かような弁護士が大手を振って闊歩されてはーーーごく一部の弁護士であって欲しいと!!
      願うしか無かろう。残念だが法曹人である前に常識人であれ!!!

      いいね

    1. 今朝、麹町警察署知能犯係に電話をしました。被害を伝えましたが、近隣の警察署に相談してくださいとの事でしたが被害者が多数いるのか捜査は行われているように感じました。被害者が多ければ警察も動いてくれるのでしょうか?菅谷公彦が持ってきた話は逮捕されないような(詐欺の立件)物なので難しいように思います。

      いいね

      1. 遠方で署に出向けない場合、そういう対応をされるのかもしれませんが、念の為、対応した刑事の名前と日時も記録しておきましょう。

        1、話を聞いたのは間違いなく知能犯係の巡査部長でしたか?
        2、詐欺として被害が有りますか?

        実害があるなら刑事事件です。
        直接、1の巡査部長まで話を持って行ってみましょう。
        可能な限りの証拠を揃えて、最低でも被害届、出来れば刑事告訴まで行う事をお勧めします。
        既に複数の件が上記巡査部長に上がってる筈ですよ。

        いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中