菅谷公彦弁護士(東京)預り金横領で約7100万円の賠償命令 東京弁護士会は懲戒請求も提起されていることから懲戒処分の事前公表を行うべき

1日付でNHKニュースは「弁護士に7100万余賠償命令」として、以下の記事を配信した。

 

 東京の弁護士に預けていた金を着服されたとして依頼者の女性が起こした裁判で、東京地方裁判所は、訴えのとおり7100万円余りの賠償を命じる判決を言い渡しました。

この裁判は、東京弁護士会に所属する菅谷公彦弁護士に調停の代理人を依頼していた女性が、調停によって相手から受け取った金を預けていたところ、全額を着服されたとして賠償を求めたものです。

裁判で、菅谷弁護士は訴えを退けるよう求める書面を提出しましたが、審理に出席せず具体的な反論をしませんでした。

1日の判決で、東京地方裁判所の渡辺諭裁判官は、女性の訴えのとおり菅谷弁護士に7100万円余りの賠償を命じました。

女性の弁護士によりますと、菅谷弁護士は裁判を起こす前の去年6月ごろから連絡を取れない状態が続いているということで、所属する東京弁護士会に懲戒処分を求めているということです。

 

引用以上

 

このニュースから見えてくることは、菅谷弁護士は調停により相手方から受け取った金銭を全て着服し、依頼者に一銭たりとも渡さずに逃亡を図ったという事である。その結果として元依頼者に損害賠償請求訴訟を提起され、裁判所に答弁書だけでは提出し擬制陳述は行ったが、その後の法廷には全く出廷せず訴状の請求の趣旨のとおりの判決が言い渡されたという事である。

また、大いに問題なのは、所属の東京弁護士会が昨年6月から連絡が取れない状態にもかかわらず、適切に指導監督連絡権を行使していない事だろう。約半年も連絡が取れない弁護士に対して何らの指導監督も行えない東京弁護士会はせめて菅谷弁護士に懲戒請求が提起され、連絡不能状態であることから事前公表を行い国民に注意喚起ぐらい行うべきであろう。そんなこともできない弁護士自治を指して筆者は「弁護士の弁護士による弁護士のための弁護士自治」と揶揄するのである。東京弁護士会は懲戒請求の内容と、今回の訴訟の判決から、会として菅谷弁護士を刑事告発する手助けを行うべきであろう。それが「社会正義の実現」ではないかと筆者は考える。

菅谷弁護士は、メディアなどにも露出しブログなどでも積極的に情報発信をしていたようだが、偉そうなことを言いながらも経営の内情は自転車操業だったようである。

 

【参考リンク】

覚悟の瞬間 アクティブイノベーション 菅谷公彦

 

上記のリンクの動画サイトで菅谷弁護士の能書きとご尊顔は拝見できるので、この顔にピンと来た人は東京弁護士会に菅谷弁護士の所在を教えてあげてほしい。

菅谷弁護士の経歴は

1966年 東京都出身

1994年 早稲田大学大学院在学中に司法試験合格

1997年 弁護士登録後 、谷川・羽成法律事務所入社

2000年 菅谷公彦法律事務所開設

2005年 総合事務所 Active Innovation 設立

 

と紹介されている。大学院在籍中に司法試験に合格した俊才であるにも関わらず、自制心は少なく、人様のカネに手を付ける結果になったわけだ。菅谷弁護士の横領事案は、この訴訟の案件だけとは思えない。東京弁護士会には、弁護士自治の信託者である国民に多大な被害をもたらした、この事案について誠実に対応することが求められていることを肝に銘じてほしいものである。

“菅谷公彦弁護士(東京)預り金横領で約7100万円の賠償命令 東京弁護士会は懲戒請求も提起されていることから懲戒処分の事前公表を行うべき” への22件のフィードバック

  1. 突然のコメントを失礼いたします。菅谷氏が連絡を絶っていた期間(昨年11月)に、新しいビジネスへの出資を求められ、500万円を振り込んだ後に連絡が取れなくなりました。昔からの知人でしたし、弁護士という身分を信用した私がバカだったのですが、昨日のニュースを見て、意図的な詐欺行為だったことに気づき、愕然とした次第です。ご指摘の通り、私のような一般市民が被害をうけたかたちになります。東京弁護士会に電話をいれて相談したのですが、まるで他人事。経済力のない私は、弁護士にも依頼できるず、自力で刑事告訴に踏み切るしかないのか…理不尽な思いでいっぱいです。私のような小市民にとって500万は大きい…勉強代と割りきることはできません。

    いいね

      1. うえはらさん、騙されたというのは氏からもちかけられた不動産出資の件ですか?他の被害者の方とコンタクトをとりたいと思っておりました。ご連絡を取り合うことは可能でしょうか?情報を共有することができたらありがたいのです。とにかく、今は絶望の闇の中でもがいているので…。

        いいね

    1. たぶん、同じように持ってこられたと思います。私の妻の場合は3000万の投資で4000万を渡すといった架空かどうかは分かりませんがそう言う儲け話でした。(28年9月です)私は担保も無く3000万もは危険だと言いましたが、これまでの付き合いもありましたので1000万でどうですかと話たところ1000万でも構いません、と言われ1000万出しました。12月末には利息をつけてお返ししますとの事でしたが利息どころか元本も返ってきておりません。なかなか連絡もつかず時間が無駄に過ぎているというところです。菅谷公彦はカッコ付けのロリコンマザコンでかなり浪費はしていたはずです。特に覆面マニアというプロレスにはそうとうつぎ込み、姫ニャンという風俗嬢を呼び、その風俗嬢には月々の小遣いで50万、さらに住居、飛行機やタクシーの移動費、100万越しの時計やブランド品の数々で、相撲取り、野球の稲葉氏などにもお金をつぎ込んでいたようです。その多くが私たちのお金だとは思います。

      ここからは、私の想像ですがおそらく数名被害者がいて、総額は5億位だと思います。自宅を担保にお金を1億8000万借りています。これはその貸した方に権利があるので私が手を出す事は不可能でしょう。その借りたお金は、海外に置いてあると思います。たぶんインドネシアです。日本にはお金を置かずに破産する作戦だと思います。まだ、日本にいるとは思いますが海外に行かれたら捕まえるのも大変です。

      いいね

      1. 概ね、私もそのように把握しています。どうすれば被害者が集まって、起訴に持ち込めるのか…。相手方もこの掲示板は見ているでしょうしね…。

        いいね

    2. 弁護士という身分を悪用し、大金を集めて横領するとは・・・。本当に許せないですね。被害金額は、数億円に達する可能性がありますよね。弁護士会の対応遅れはなかったのでしょうか。警察は動いているのでしょうか・・・。

      いいね

      1. さすがに弁護士で、起訴したり、警察を動かすだけの証拠などを残していないあたりが敵ながらにあっぱれといった感じです。今回、判決をくらったみたいですが、へっちゃらでしょうね。どうにか吊るし上げるには、多人数で警察に行き、頼み込むのがいいのでしようが、警察が動くだけの証拠がないと思いますから、この悪質弁護士にしつこくコンタクトをとるようにするしかないのかも知れません

        いいね

  2. 相も変わらず乞食弁護士の横領が横行している。このような問題解決は一つしかない、事件の解決金を代理人ではなく依頼人の口座に振り込ませるのだ。その後、その中から、報酬金を払うシステムにすれば、こんな問題が多発せずにすむ。なんなら通帳と印鑑を依頼人と代理人が管理すれば報酬のとりっぱぐれも怒らない。弁護士会てばかばかりだ

    いいね

  3. 弁護士の偽計業務妨害や、詐欺幇助にの告訴告発に行くと警察官からも検察庁の事務官からも、弁護士に相談するように言われました。

    法テラスを利用するといいと言われて、法テラスに行くと、法テラスは、民事事件だけです。と言われました。

    生活保護受給者は、法テラスからの弁護士紹介で、実質無料で弁護士に仕事を依頼出来るシステムになっています。建前上、弁護士費用の分割払いになっていますが、支払い猶予を認められるようになっています。生活保護受給者は、一円も弁護士にお金を払わずに、弁護士を利用出来るのです。
    いいですよね。

    それで、生活保護受給者の支払い義務や賠償義務を逃れさせるために、離婚を助けるために弁護士が指南を与えて国からお金をもらっています。

    弁護士が生活保護受給者に不当な利益を得させるのは、倫理規定に反していても、弁護士会は、懲戒処分をしません。合理的な判断をした。と議決書に書きます。

    裁判官も弁護士が何の法律にも従って仕事をしていないのを知っていて、弁護士に賠償義務を負わせない判決文を書きます。
    弁護士は、嘘もついていないし、だましてもいないと。
    裁判官が事実を操作するために、弁護士に最後に偽りの陳述書を出させます。陳述書の信用性を低めるために証人申請をしても、裁判官の判断で必要ないとして、証人尋問をさせません。
    それで、弁護士の陳述書の陳述を判決文に採用して、弁護士の賠償義務をまぬかれさせるように、裁判所は行っています。

    ネットで「犯罪捜査規範」を調べるといいですよ。官権の道徳律が書いてあります。
    いつ、どこで、誰が、誰に対して、何をしたか、の事実を日付順に箇条書きにして、それを裏付けるあるだけの証拠を集めて、新聞の切り抜きを持って警察に被害届を出したい。と言う。
    相談ではなく、被害届を出したいという意思表示をする。ネットで被害届のひな型を検索する。

    官権は、本来、口頭での告訴告発でも捜査をすることが出来るのです。

    新聞報道があるから、被害届を受理して、警察官も捜査をせざるおえないと思いますが、………。

    でも、
    めんどくさい仕事を
    警察がしなくても、警察には顧問弁護士が税金で雇われています。弁護士が守ってくれます。

    公安委員会の委員に、弁護士会の綱紀委員長を就任させます。

    警察官の苦情も、弁護士会の懲戒請求と同じよう、弁護士がうまく処理してくれます。

    弁護士に仕事を依頼すると、弁護士の口座に依頼人へのお金を振り込ませるのは、弁護士にとりっぱぐれが出ないように、優遇してあるのです。

    これだけ、弁護士の詐欺、横領が増えていても、システムを改善しないのは、弁護士の収入源を確保してあげないと日弁や各県の弁護士会の会費収入がなくなり、役員、事務員さんの給料カットになるからではないですか?

    いいね

  4. 最近の裁判官、特に50期台は記録を読まない。読まないから誤判が多い。
    絶望の裁判所が昨年は希望の裁判所になったらしいが、くそみたいな裁判官にあたると絶望でなく地獄をみることになる

    いいね

    1. 地獄というとMK、NM、ST、OY他、頭の悪い独裁者まがいの裁判官たちですね。特にMKは殺人を楽しんでいるようですがこのような初心というか正義感、公平性に欠く裁判官たちが実際にいることは、恐ろしいですね。裁判所はDPRKとあまり変わりませんから関わらないほうが賢明です。

      いいね

      1. 残念ながらここに詳細は書けませんが、情報をこの警察署に集約した方が動きが早くなると思いますので先ずは電話で相談してみる事をお勧めします。

        いいね

  5. 法テラスに相談している皆様へ

    法テラスは新人弁護士を食わせるための「新人弁護士の生活保護」みたいなものだそうです。
    法テラスに行くと素人同然の新人弁護士をあてがわれてしまいます。
    グレーゾーン金利等の判例が出て定型的に処理できる内容しか対処できません。

    ある程度詳しい弁護士を紹介してほしいのであれば弁護士会の相談窓口がお勧めです。
    さすがの弁護士会も横領専門の弁護士を紹介してしまうと大問題になるので人を選んでるのでしょう。
    人選はできませんが専門性のある弁護士に回してくれます。
    法律扶助の希望も弁護士事務所によっては可能なようです。
    反社会勢力の問題であれば専門の弁護士でなければまともに戦えないと思います。

    法テラスに相談しても専門性がない新人弁護士(コネはあるんでしょう)を太らせるだけです。
    税金の無駄遣いです。法テラスにいる事務員等も無駄です。
    このような悪質な制度は撤廃してほしいですね。

    いいね

    1. 詳しいことは言えませんが、警察に相談されたほうがいいと思います。資金を移動されたり(浪費されたあとに)、破産申請されたら一巻の終わりです。

      いいね

      1. 菅谷公彦は悪いやつです。本日逮捕された熊本の山辺節子容疑者とほぼ同じ事をしているように思うのですが、菅谷は法の抜け道を上手く利用して?警察に手が出せないようにしているのか?よくわからないが逮捕されていない。多くの被害者がいれば、何かほころびが出るかもしれないので些細な事でも警察に相談した方がいいように思います。お金は返って来ないと思いますが菅谷公彦を逮捕してほしいと思っています。菅谷公彦の取り巻きに菅野(かんの)という男もいます。

        いいね

  6. 菅谷公彦は悪いやつです。本日逮捕された熊本の山辺節子容疑者とほぼ同じ事をしているように見えるのですが、法を上手く利用しているのか?警察も手が出せないようにしているのでしようね?しかし被害者が沢山いれば、何かのほころびや逮捕への糸口になるかもしれませんから、警察に相談をして返金はなくても逮捕くらいはされないと悔しくてやってられません。菅谷の取り巻きに菅野(かんの)っていう男もいたはずです。小さい事でも警察に相談しましょう

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中