勾留中の男性を脅迫として北久浩弁護士(東京)を逮捕 犯罪組織に飼われる弁護士の末路は悲惨であることを身に覚えのある弁護士らは自覚すべき

朝日新聞デジタルは15日「勾留中の男性を脅迫した疑い 弁護士ら3人を逮捕」として以下の記事を配信した。

 

勾留中の男性に証言しないよう脅したとして、警視庁は15日、東京都港区虎ノ門3丁目、東京弁護士会所属の弁護士、北久浩容疑者(53)ら3人を証人威迫と脅迫容疑で逮捕し、発表した。

 他に逮捕されたのは、ともに新宿区に住む中国籍で無職の白秀麗(39)とナイジェリア国籍で職業不詳のアヤディモ・ジュディー・ジョンソン(50)の両容疑者。警視庁は3人の認否を明らかにしていない。

 組織犯罪対策特別捜査隊によると、3人の逮捕容疑は昨年10月6日、偽造カードを用いた詐欺容疑で逮捕、勾留されていたナイジェリア国籍の男性(41)に対し、カード詐欺事件への白容疑者の関与について供述すると、男性の家族の身に危険が及ぶと思わせるような言葉で脅迫したというもの。北容疑者は弁護士として接見すると偽り、警察施設を訪れて男性と面会していたという。

 白容疑者はこの後、カード詐欺事件に関わったとして逮捕、起訴されている。

 

引用以上

 

 記事によれば北弁護士は「弁護士として接見すると偽り」との記載があることから、勾留されていたナイジェリア人男性の刑事弁護人ではないようだ。要するに「ハト」として犯罪集団である白容疑者とジョンソン容疑者から派遣され、余計な事をしゃべると勾留されている男性の家族に危害が加わると脅迫したのであろう。社会正義の実現を使命とする弁護士の行動としては到底許されざる行為である。

この北弁護士だが過去に公務執行妨害で逮捕された事実も存在する。

 

【参考リンク】

弁護士自治を考える会 事件容疑者に「警察に言うな」 脅迫容疑で弁護士(東弁)ら逮捕

 

 この公務執行妨害事件の結末は分からないが、北弁護士の行動があまり感心できないものである事は明らかであろう。おそらく北弁護士は相当「カネに追われ」犯罪集団に「飼われて」いるものと判断できる。以下の北弁護士のウェブサイトを見れば、その事実は簡単に把握できる。

 

【参考リンク】

 悪質サイトのサクラ詐欺被害ならお任せください 北法律事務所

 

 24時間対応で、フリーダイヤルでの相談を24時間365日行える弁護士など存在するわけがない。この事務所を運営しているのは詐欺集団あがりの非弁屋であることは間違いないだろう。おそらく、北弁護士の事務所の実質経営者の詐欺集団が、北弁護士が起こした脅迫事件の共犯者と関係があるものと思われる。「カネに追われた」北弁護士は、詐欺集団の言いなりになって遂には逮捕されるまで転落したのであろう。

勾留中の被疑者に「口止め」を行う弁護士は枚挙に暇がない。(いい例が下半身双方代理の、おしゃれな街の法教育に熱心なヤメ検弁護士である)そんな連中は被疑者・被告人のためでなく犯罪組織のために弁護士活動を行っているのである。そのような活動を行い犯罪行為の助長・証拠隠滅・犯人隠避を積極的に行う弁護士らにも厳しい刑事罰と、そのような非行を行った際には即時に所属会からの除名処分ができるような制度を整えるべきであろう。犯罪組織に飼われる弁護士の末路は悲惨である。北弁護士と同じような事をしたことのある弁護士たちにはよく自覚していただきたいものである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中