強要未遂罪で起訴された棚谷康之弁護士 DNA鑑定は捏造として無罪を主張 

朝日新聞デジタルは8日付で『強要未遂罪の弁護士、無罪主張 「DNA型鑑定は捏造」』として以下の記事を配信した。

 

自分が弁護を担当した刑事事件の被害者にはがきを送って被害届の取り下げを迫ろうとしたとして、強要未遂の罪に問われた第一東京弁護士会所属の弁護士、棚谷(たなや)康之被告(54)の初公判が8日、東京地裁(家令和典裁判長)であった。棚谷被告は「はがきの作成、発信のいずれにも関与していない。すべてを否認し、争います」と述べ、無罪を主張した。

 起訴状によると、棚谷被告は2014年9月、国選弁護人として担当した傷害事件の被害者に対し、「公開の法廷で証言させられ、何も良いことはない」などと書かれた匿名のはがきを、住所地に宛てて郵送したとされる。被害者はすでに転居しており、はがきは受け取らなかった。

 検察側は冒頭陳述で、「はがきの切手から検出されたDNA型が、被告の型とほぼ一致した」と主張。一方の棚谷被告側は「DNA型鑑定は捜査機関に捏造(ねつぞう)されたものだ」と訴えた。

 

引用以上

 

 まぁ主張するのは自由であるから、何を主張しようと問題はないのであろうが、強要未遂罪に問われた被疑事実が被害届の取り下げのためのはがきや封書の送付であり、当初は被害者の母親に対する証人威迫罪の容疑でも逮捕されていた事実から、被害者とその母親に被害届の取り下げを迫る内容の文書を送付した者がいるわけである。そしてその文書の内容は「公開の法廷で証言させられる」という内容が記されていることから法的な素養がある人物が作成したことは明らかであろう。

当初の棚谷弁護士の逮捕報道は以下のとおりである。

 

傷害事件の被害者に対して告訴を取り下げるよう脅したとして、警視庁捜査1課などは3月10日、弁護士の男を逮捕しました。

強要未遂および証人等威迫容疑で逮捕されたのは、東京都豊島区北大塚在住で第一東京弁護士会に所属する弁護士・棚谷康之容疑者(52)です。発表によると棚谷康之容疑者は2014年9月中旬ころ、DVによる傷害の罪で逮捕・起訴された被告の国選弁護人を務めていましたが、被害者の20代女性や母親などに被害届を取り下げるよう迫った疑いが持たれています。

棚谷康之容疑者は被害者女性らに対して「お前は公開の法廷で証言させられる。いいことは何もない」「心にもない被害届を1日も早く取り下げろ」などとする封書やはがきを送付したとのこと。

警察での取り調べに対して棚谷康之容疑者は「考えて欲しいと頼んだだけ」などと供述し、容疑を否認しています。

この傷害事件は2014年8月、女性が警察にDVの相談をしたことで捜査が始まったもの。棚谷康之容疑者が担当していた被告の男が最終的にどのような判決を受けたのかは発表されていません。

 

引用以上

 

 この報道が真実であれば、棚谷弁護士は「考えてほしいと頼んだ」ことを認めているであるが、途中で供述を翻したのであろうか?はがきや封書には棚谷弁護士が差出人であることが記載されていると推測され、被害者の住所や家族を知りえる者は加害者もしくは加害者の弁護人と判断するのが妥当なのであるが、そのあたりの事実関係がいかなるものであるかを棚谷弁護士が公判でどのように主張するのか注目したい。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中