建物収去・土地明渡訴訟を収去建物を特定できない状態で訴訟を提起していた弁護士に「専門家として不注意」として賠償命令

建物収去を求める裁判を提起し、収去する建物が特定できないと判断された弁護士がいることが驚きである。未登記建物なのかもしないが、それでも写真やブルーマップなどで特定はできるはずなのだが、恐ろしく無能なのか怠惰なのかどちらかであろう。

このトンデモナイ弁護士の事を弁護士自治を考える会が報じている。

 

【参考リンク】

着手金返還訴訟・地裁判決・寝坊助弁護士らの過失認める・専門家として不注意・【岡山】山陽新聞

 

 上記の記事から山陽新聞が報じた内容を引用する。

 

弁護士らの過失認める。「専門家として不注意」山陽新聞 1月27

 

建物の収去と土地の明け渡しを巡る訴訟の処理に不適切な点があったとして、訴訟を提起した倉敷市の男性らが、法律事務を委任した弁護士法人=岡山市=と担当弁護士らに着手金の返還や慰謝料など約82万円の支払いを求めた訴訟の判決で岡山地裁は26日、同法人の過失を認め16万円の支払を命じた。

判決理由で善元貞彦裁判官は、同法人側が建物の特定をできていなかったり、訴えを起す裁判所の管轄を間違えたりした点について「法律の専門家としては不注意」と指摘。

弁護士が飲酒のため寝過ごて協議の場にでられなかったことにも触れ「一社会人としてあまりにも責任感が欠ける行為」とした。

一方、これらの点が債務不履行に当たるとはいえないとの判断などから請求より減額した。

判決によると男性らは2013年7月訴訟の処理を委任する契約を同法人と締結。債務不履行があったとして14年8月委任契約の解除を通知した。

同法人は「判決をよく精査して適切に対処したい」としている。

 

引用以上

 

 管轄裁判所を間違えていることをも驚きだが、冒頭で述べたとおり建物収去を求める訴訟で対象建物を特定できないような訴訟を作成する弁護士が存在すること自体が驚きである。また、過ぎた飲酒で協議の場に出られなかったことも「責任感に欠ける行為」と断じられているが、責任感にも欠けるが倫理観も欠けていると指摘しておく。

裁判所は、債務不履行とまでは言えないとの判断だが、到底まともな業務を行ったとはいえないことも事実である。こんなデタラメな仕事をしても所属弁護士会は懲戒処分には該当しないと判断しているようだ。

 

【参考リンク】

弁護士らの過失認め賠償請求(岡山地裁)しかし岡山弁護士会は懲戒請求を棄却していた

 

 この弁護士自治を考える会の記事に記載されている、議決書をよくご覧になっていただきたい。まさに弁護士の弁護士による弁護士のための弁護士自治であることがよく理解できる。岡山弁護士会は「甚だ遺憾ではある」が「品位」を失う行為ではなかったと判断しているのである。遺憾の意を示すような内容の仕事をしても「品位」は失わないという手前勝手な論理で身内をかばうような連中が、弁護士自治の中枢にいるのである。これでは弁護士不祥事が減るはずがないことが、よく理解できるのである。

“建物収去・土地明渡訴訟を収去建物を特定できない状態で訴訟を提起していた弁護士に「専門家として不注意」として賠償命令” への2件のフィードバック

  1. 朝日新聞の三浦記者は著書「五色の虹」で、満州に開学した建国大学の出身者は、戦後日本で冷遇されたことを書いていますが、それは、一部の人たちだけで、建国大学出身者には、司法試験一次の免除などの優遇処置があり、弁護士資格を得た建大卒業生らが現在の司法界の組織の土台を作りあげたのでは、ないでしょうか?

    メディアの重要なポストにも建国大学出身者がついています。

    弁護士の不始末を適当にごまかす論議が、事実を認めるが、懲戒には値しないや、犯罪にはあたらないというものです。

    弁護士が委任契約を交わしたら、裁判に代理人で出廷するのは、当然の債務なのに。裁判官は債務とは見ていない。おかしな話です。

    この弁護士は、建設業者が、基礎の杭打ちで手を抜いて、建設を始めたのと同じことを裁判で行ったのに、行政処分をしなかった。同じ内容で懲戒請求は出来ないから、弁護士は、わずかなお金を払えばなんのおとがめもなしなら、同じことは繰り返さるでしょう。

    いいね

  2. 「法人は判決を精査して適切に対処したい」とコメント
    この法人のいう適切な対処が気になる。
    適切に賠償するのか?
    適切に控訴するのか?
    適切に反省するのか?

    きっと元依頼者も思ってると思う。
    この法人のいう「適切な対処」ってなんだろう?

    「裁判でこの弁護士たちに過失はないと判断された」って記事が出ても嬉しい内容なのかな。
    この程度のレベルなら弁護士って、国家資格じゃなくてもいいような気がする。
    この裁判官は、堂々と弁護士たちに「遺憾である行為」は債務不履行にならないというお墨付き判例を世に出したことになる。
    果たしてこの裁判は良かったのか、悪かったのか?

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中