カネの亡者は一生変わらない ATM18億円引き出し事件の背後に人殺しの松井知行の存在

デイリー新潮は昨年12月25日付で「コンビニATMから18億円出金事件 “出し子”へのマニュアルが存在」として以下の記事を配信した。

引用元URL

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161225-00515995-shincho-soci

 

全国17都府県のコンビニATM約1400台から総額18億円が不正に引き出された――今年5月に起きた事件をご記憶の方も多いだろう。その周到なる“悪のマニュアル”の存在が明らかになった。

「実行したのは、住吉会系と山健系、さらに非暴力団系のオレオレ詐欺グループなど。事件の数日前に各グループの元締めが出し子(ATMの引き出し役)を緊急募集したのです」

 と捜査関係者が明かす。

 標的になったのは、南アフリカにあるスタンダード銀行が発行したクレジットカード。その情報が何者かに盗まれ、それを基に偽造カードが作成されたのだった。

「出し子たちが指定された場所に集まると、そこに指示役がいて、磁気テープが貼ってある白無地のカードが配られたのです」と語るのは、さるグループに近い情報通氏である。

配り終えた指示役は手元のマニュアルを、配らずに読み上げたという。曰く、

〈狙うのはコンビニATMのみ〉

〈暗証番号は1122

〈1回の引き出しは10万円。20回連続で引き出したところでロックが掛かるので、次の引き出しまでに1時間空ける〉

 

“まず言語を選択する画面が現れるので、そこで「日本語」を選択し……”などとATMの操作手順も丁寧に説明された。そして、

「出し子たちはセブン-イレブンなどコンビニをぐるぐる回って金を引き出し、カードと一緒に渡された紙に金額を書いていく。再び集まると、指示役が紙を回収し照合作業を行った。15%が出し子の報酬で、5%が指示役の取り分。なかにはトンズラした者もいたようですが」(同)

■六本木から南アへ

 これまでの捜査で約130人の出し子が窃盗容疑などで逮捕されているが、ここにきて、ある“重要参考人”の素性が浮かび上がった。

「国際指名手配され南アフリカに潜伏している松井知行(45)と紙谷惣(42)です」とは先の捜査関係者。

「六本木で有名な不良遊び人だった松井は、もともとカードのスキミングに詳しく、暴力団とも交流がありました。遡ること13年、あるクラブ店主が顧客情報を持ち出して店とトラブルになり、松井はそれを解決してやった。そこで、その店主に、見返りとして、新たな店でスキミングに協力するよう強要。それを嫌った店主が恋人と共に福島に逃亡すると、激怒した松井は彼らを拉致監禁。店主の首を絞めるよう恋人に命じ、彼女と共に集団で店主を殺害。その遺体をバラバラにして奥多摩の山中に遺棄したのです」

 筆舌に尽くしがたい極悪ぶりである。

 歌舞伎町で起きた別のリンチ殺人にも関与している彼らは、その後、その恋人を連れ、南アフリカに逃亡。死刑廃止国である同国は、死刑制度のある国に容疑者の身柄を引き渡さない国として知られている。

「彼らは南アで、暴力団から送られてくる盗難ベンツを売りさばいて逃亡資金にしているとのこと。2010年には、架空の旅行代理店によるサッカーW杯ツアーを騙り、被害総額1億円の詐欺事件も起こしています。スキミングに聡(さと)く、暴力団との繋がりも深い。そしてなにより南アに潜伏しているということは……」(同)

 警視庁は大使館を通じて松井らの身柄引き渡しを要請しているが、南アはそれを拒否し続けているという。

 

引用以上

 

 この松井という人殺しは、典型的な「カネの亡者」であろう。スキミングで悪銭を稼ぎ平然とカネのために人を簡単に殺すカネ以外の価値観を持てない人間である。暴力団との関係も深いようで、今回のATM引き出し事件に多くの暴力団が関与していることも偶然ではないだろう。

松井のような人間は何度も述べている通り絶対に更生不能である。カネだけを求め地獄を彷徨う餓鬼なのであるが、自分自身では死ぬまで気づかないのである。

こんなカネの亡者の引き渡しを南アフリカ政府は記事中にあるとおり、日本に死刑制度が存在することを理由に拒否しているようだが、こんな奴らには法の裁きを与えるよりも即刻死を与えるべきであろう。

こいつらを引っ張り出すためには、ATM引き出し事件の関係者すべてに厳罰を下すことと同時に、松井の関係者と思われる人間のカネの流れを徹底的に追うことであろう。

カネの流れを押さえて松井たちへの送金手段・ルートなどが分かれば関係するもの達をどんな微罪であっても逮捕・起訴することも重要であろう。

松井のような人殺しが、のうのうと犯罪収益で暮らしている事を許してはならないはずだ。松井だけでなく特殊詐欺などの犯罪収益を元に事業を興し起業家面している連中や、暴力団古川組関係者(最近は違う組織も名乗るようです)と自称する特殊詐欺集団首魁の桐生成章のような連中も更生不能で社会に害をなすだけの「害虫」のような人間なのだから、社会から排除すべきなのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中