A&H弁護士法人は中田康一弁護士(第二東京)が除名処分を受ける直前の10月21日に渡邉征二郎弁護士(第一東京)が社員として加入していました!

中田康一弁護士(第二東京)が投資名目で預かった出資金や借金を返さなかった事から「除名」の懲戒処分を受けた事から、中田弁護士が唯一の社員であったはずのA&H弁護士法人が社員の欠乏を理由に解散から清算処理に移行するであろうとの推測を筆者はおこなった。

 

【参考リンク】

中田康一弁護士(第二東京)ついに除名に! A&H弁護士法人は社員の欠乏により清算手続きへ

 

 中田弁護士の除名処分後、A&H弁護士法人の登記簿が閉鎖されていたので、当然のように清算処理に係るものであろうと考えていたのだが、なんと中田弁護士に処分が下される直前の10月21日に、渡邉征二郎弁護士(第一東京)が社員として登記されていた事実が発覚した。この渡邉征二郎弁護士がA&H弁護士法人の社員として中田弁護士の懲戒処分を受ける前に加入しているので、「社員の欠乏」という事態に至らない事から、A&H弁護士法人は解散がなされない事になったのである。

A&H弁護士法人 登記簿

 

このような手法は、犯罪集団と呼んで差支えなかった弁護士法人公尽会(破産)が度々行って来た手法である。解散逃れのために「カネに追われた弁護士」や「欠陥弁護士」を抱え込んで、預り金の使い込みなどが発覚しないようにするのである。

今回の渡邉征二郎弁護士の加入も大方似たような事であろう。この渡邉征二郎弁護士は削除される以前のA&H弁護士法人のウェブサイトにも名前が記載されていた。

 

【参考リンク】

問題弁護士の中田康一先生(第二東京)が弁護士法人を設立!潮総合法律事務所(崩壊)と同様の道をたどる可能性も

 

 上記の参考記事の中で、筆者は渡邉征二郎弁護士が中田弁護士の懲戒処分直前に社員登記をして弁護士法人の存続を図るだろうと指摘したが、本当にその通りの事態となってしまったのである。

A&H弁護士法人のウェブサイトは現在メンテナンス中だそうである。

 

【参考リンク】

A&H弁護士法人

 

A&H弁護士法人の実質上の経営者は、早くウェブサイトのメンテナンスを終了し渡邉征二郎弁護士が、なぜこの弁護士法人を引き継いだのか明らかにして欲しい。

またA&H弁護士法人は第二東京弁護士会の所属である(届出番号1044)。所属会として、中田康一弁護士への懲戒処分の直前に渡邉征二郎弁護士が社員登記した事実につき調査を行うべきであろう。