問題弁護士猪野雅彦と除名処分を受けた中田康一を結ぶ線

猪野雅彦弁護士(第二東京)も除名処分を受けた中田康一(元第二東京)とも当サイト常連である問題弁護士らである。この2人の間に接点があることが発覚した。

 

【参考リンク】

雅法律事務所、ヤミ金案件休止中

 

新虎ノ門法律事務所でヤミ金被害を解決しませんか?

 

上記参考リンクの雅法律事務所のウェブサイトには、猪野先生が夜更けでも自らヤミ金案件に取り組んでいることが紹介されているが、現在は同事務所はヤミ金案件の取り扱いを中止したことと、今後は「新虎ノ門法律事務所」がヤミ金対策に当たることが予告されている。

そして、新虎ノ門法律事務所の提灯サイトでは、24時間対応を行っていることや弁護士事務所であるにも関わらず、弁護士が事件を処理するという当然の内容が記載されている。いったい誰がこんなサイトを製作したのであろうか?

ところで、新虎ノ門法律事務所に所属していた弁護士は現在A&H 弁護士法人の代表社員である渡辺征二郎先生である(第一東京)。このA&H弁護士法人は「除名」処分を受けた中田康一が立ち上げた弁護士法人である。

 

【参考リンク】

弁護士法人A&H法律事務所(代表社員 渡辺征二郎 第一東京)の実質上の経営者の方にお知らせいたします。

 

 渡辺征二郎弁護士が、中田康一と結託していた犯罪集団や非弁屋に「飼われて」いることは明らかである事と、過去にも猪野雅彦を「飼って」いた連中と接点があったことも確実であろう。雅法律事務所と新虎ノ門法律事務所と結託していた非弁屋が同一集団であるということは、中田康一と結託していた犯罪集団・非弁屋と同一の集団であると見做すべきであろう。

猪野弁護士や渡辺征二郎弁護士を飼う集団が犯罪集団であることは間違いないだろう。猪野弁護士は社会問題となった行政書士法人鷹悠会と提携していたし、中田康一は金集めをして踏み倒すことを続けていたのである。しかもA&H弁護士法人は、非弁関係者の自称「イトウ」が関与したモルドバワイン詐欺の火消し業務を、これまた問題弁護士の田中繁男(これも第二東京)から引き継いで行っているのである。

このように欠陥弁護士を「飼う」者らは、繋がっているのである。猪野先生にしても渡辺征二郎弁護士にしても、弁護士としての誇りを持っているならば、自らの所業を所属弁護士会に報告し、弁護士バッジを返納してもらいたいと筆者は考えている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中