犯罪弁護士を追放できない弁護士自治 飯田秀人の7回目の懲戒処分について

当サイトで何度も俎上にあげている「犯罪弁護士」と呼ぶにふさわしい飯田秀人弁護士の7回目の懲戒処分の要旨が自由と正義11月号に掲載されたので以下に引用する。

 

1 処分を受けた弁護士

  氏  名 飯田 秀人

  登録番号 11582

  事務所  東京都墨田区緑4-20-16 サニーハイツ302

              いろは法律事務所

 

2 処分の内容 業務停止3月

 

3 処分の理由の要旨

  • 被懲戒者は、被懲戒者が代理人として懲戒請求者に対して行った提訴や訴訟活動に問題があるとして、懲戒請求者から提起された損害賠償請求訴訟において、320万8590円及びこれに対する遅延損害金の支払いを命ずる判決を言い渡され、上記判決が2013年10月に確定したにもかかわらず、2016年4月に100万円を支払い、同年5月に100万円を支払うまで損害賠償請求を全く履行しなかった。
  • 被懲戒者は、業務停止期間中に被懲戒者の法律事務所が所在するビルの案内図に法律事務所の表示をした。
  • 被懲戒者の上記各行為は、いずれも弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。

 

4 処分が効力を生じた年月日 2016年7月7日

 

引用以上

 

 飯田弁護士は7回目の懲戒処分中にも懲戒仲間の事務所で「事務員」扱いにしてもらったり、女詐欺師佐久間と詐害行為の手伝いや、与太話での金集めを行っていたように全く過去の懲戒処分について反省などせず社会に害をまき散らしている。

この懲戒処分にしても、いい加減な訴訟活動を行い、損害賠償を命じられたにもかかわらず、なかなか支払いを行わず放置していたというのが第一の理由(懲戒請求が、綱紀委員会から懲戒委員会に回されて初めて支払いをしたということだろう)で、第二の理由は業務停止中の弁護士事務所の表示の問題である。

業務停止中には弁護士としての活動は禁止され、弁護士バッジは所属会に預けなければならないし、その期間中は「弁護士」と表示することは禁止されている。そんな中で飯田秀人は、弁護士事務所の看板を事務所のあるビルから外さなかったということである。

業務停止の処分が科せられた際には、所属会が弁護士事務所の表示の除去などを確認に来るのであるが、その時に発覚したものであろう。

過去に7回も懲戒処分を受けている飯田秀人が弁護士の表示を業務停止期間に除去しなければならないことぐらい良く理解しているはずだ。なぜ、表示を除去しなかったのか気になるとことではあるが、業務停止中は「タカリ」に励んでいたことを考えれば、そんなことより今日の飯代が必要だったのかもしれない。

しかし、7回も懲戒処分を受けた弁護士を「除名」にできない弁護士自治とは、弁護士自治の信託者である国民を軽視しているとしか思えない。何度も述べるように「弁護士の弁護士による弁護士のための弁護士自治」なのである。飯田弁護士が様々な非弁関係者や犯罪集団と深い関係にあることぐらい東京弁護士会でもわかっているだろう。このような犯罪弁護士を「追放」することこそ、弁護士自治の信託者である国民が弁護士自治に求めているものである事を理解して、3回以上の懲戒処分を受けた際には自動的に「除名」処分とするように懲戒制度を改革すべきであろう。また現在の弁護士自治の中での弁護士懲戒制度は、結局のところは「同僚裁判」でしかなく処分の不均衡も甚だしい事から、弁護士の懲戒権については、第三者機関に付与することが必要であろう。

「弁護士の職務の独立」を理由に犯罪弁護士に対して適切に所属会が指導監督連絡権を行使ない状況が続いているからこそ、犯罪弁護士が跳梁跋扈している事を日弁連・各単位弁護士会は認識するべきであろう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中