渡辺直樹弁護士(愛知) 業務上横領の疑いで逮捕

CBCテレビは7日付で「成年後見人の弁護士を横領容疑で逮捕」として以下の記事を配信した。

 

愛知県豊橋市に住む弁護士の男が、成年後見人として管理していた70代男性の預金口座から1800万円余りを着服したとして、名古屋地検に業務上横領の疑いで逮捕されました。

  逮捕されたのは、豊橋市の弁護士・金子直樹容疑者(59)です。

  名古屋地検特捜部によりますと、金子容疑者は、2013年12月から去年7月にかけ、成年後見人として管理していた70代の男性の銀行などの口座から11回にわたり、合わせて1800万円余りを引き出し着服した業務上横領の疑いが持たれています。

  金子容疑者は、渡辺直樹の名前で弁護士会に登録し、2013年7月に名古屋家裁豊橋支部から男性の成年後見人に選任されましたが、去年12月に解任されていました。

  名古屋地検特捜部は金子容疑者の認否を明らかにしていません。

  名古屋地検特捜部は、金子容疑者の事務所などを家宅捜索し、経緯や動機について調べています。

 

引用以上

 

 この件については弁護士自治を考える会が、渡辺直樹弁護士の過去の懲戒処分などについても掲載し論考を行っている。

 

【参考リンク】

 成年後見人で管理の口座から着服の疑い 渡辺直樹弁護士逮捕(愛知) ( 事件 )

 

 11回にもわたり1800万円を引き出していたという事は、被後見人の資産を「お財布代わり」にしていたという事であろう。カネが足りなくなると、被後見人の口座からカネを引出し使っていたわけである。

上記の弁護士自治を考える会の記事にもあるとおり、渡辺弁護士は過去に金銭がらみの内容で業務停止1年6月の懲戒処分を受けている。このような弁護士が後見人になること自体が大きな間違いなのである。

すでに昨年12月に成年後見人を解任されているという事は、この時点で不正は発覚していたという事であろう。そして、今の時期に逮捕されたという事は、横領した金銭の被害弁済が出来なかったという事であろう。

後を絶たない後見人弁護士の横領行為であるが、日弁連・各単位弁護士会がいくら不祥事防止対策を行っていますと言っても、欠陥弁護士にはそんな声など聴く気もないのである。

愛知県弁護士会は、今回の渡辺弁護士の逮捕についての見解をしっかりと公表するべきであろう。過去に長期の懲戒処分を受けていた弁護士の犯罪行為であり、単位弁護士会として適切に指導監督連絡権を行使していたのか明らかにすべきだからである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中