平成28年度司法試験 合格者数・合格率共に予備試験合格者が1位に 問われる法科大学院の存在理由

リセマムは9月6日付で、「平成28年司法試験、合格率1位は「予備試験合格者」61.5%」として以下の記事を配信した。

 

平成28年司法試験の合格者数と合格率を法科大学院別にみると、1位はいずれも「予備試験合格者」であることが、法務省の発表より明らかになった。予備試験合格者の合格率は61.5%。一方、合格者を出せなかった法科大学院は7校あった。

 司法制度改革の一環で、受験資格を問わない旧司法試験が平成23年で終了し、平成24年より法科大学院修了または司法試験予備試験の合格が必須となった。

 平成28年司法試験の合格者数上位10位の法科大学院は、1位「予備試験合格者」235人、2位「慶應義塾大法科大学院」155人、3位「早稲田大法科大学院」152人、4位「東京大法科大学院」137人、5位「中央大法科大学院」136人。

 合格者数を受験者数で割った合格率では、1位「予備試験合格者」61.5%、2位「一橋大法科大学院」49.6%、3位「東京大法科大学院」48.1%、4位「京都大法科大学院」47.3%、5位「慶應義塾大法科大学院」44.3%であった。

 なお、「予備試験合格者」235人を職業別にみると、「法科大学院生」が86人ともっとも多く、「大学生」69人、「無職」37人、「会社員」20人、「公務員」12人などが続いた。また、最終学歴別にみると、「法科大学院在学中」が86人ともっとも多かった。

 

◆司法試験合格者数トップ10

 1位「予備試験合格者」235

2位「慶應義塾大法科大学院」155

3位「早稲田大法科大学院」152

4位「東京大法科大学院」137

5位「中央大法科大学院」136

6位「京都大法科大学院」105

7位「一橋大法科大学院」63

8位「大阪大法科大学院」42

9位「神戸大法科大学院」41

10位「九州大法科大学院」36

10位「明治大法科大学院」36

 

◆司法試験合格率トップ10

 1位「予備試験合格者」61.5

2位「一橋大法科大学院」49.6

3位「東京大法科大学院」48.1

4位「京都大法科大学院」47.3

5位「慶應義塾大法科大学院」44.3

6位「早稲田大法科大学院」35.8

7位「神戸大法科大学院」32.3

8位「中央大法科大学院」29.4

9位「九州大法科大学院」28.8

10位「大阪大法科大学院」26.8

 

引用以上

 

この司法試験合格者の状況をみると、法科大学院という制度は既に破綻している事が理解できる。高額な学費を支払っても司法試験に合格者を出せない大学が7校もあり、その一方で合格者数・合格率共に予備試験合格者が抜きん出ているのだから、法科大学院の存在理由が問われることになるだろう。

法科大学院よりも、予備試験合格から司法試験合格に至るカリキュラムを組んだ予備校の教育の方が優秀であることも立証されたわけで、ますます法科大学院の存在理由や、教育の質が問われるのである。

弁護士としての採用も、「優秀」と見られるであろう予備試験合格者が有利になる事も間違いないだろう。あらゆる意味で法科大学院という存在について、その在り方を検討する時期に入ったという事だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中