同じ場所に存在する法律事務所 犯罪的弁護士法人公尽会の関係者が関与との噂も

弁護士法人公尽会(解散)は、悪行の限りを尽くし、到底法律業務とは言えないような詐欺的な活動などを行い、最終的には所属弁護士が退会命令の処分を受け、法人は清算処理に入り、結局は破産となった。

この公尽会には元弁護士の事件屋である小林霊光が関与し、益子という事務局長が好き勝手なことをやっていたのである。この小林・益子と共に非弁活動に深く関与していた人物が存在するそうだ。

筆者は小林霊光などの「ヤメ弁」が活躍中の事実について以下の内容を公表している。

 

【参考リンク】

活躍中の「元弁護士」たち そんな連中を使う法律事務所に指導監督連絡権の行使を

 

 上記の内容の中で、佐竹修三元弁護士がしろき法律事務所に出入りしている事実と、同法律事務所と同一の住所地にアドニス法律事務所が存在することを指摘した。

筆者に寄せられた情報では

  • アドニス法律事務所としろき法律事務所は全く同一のフロアで入口は一つであること
  • この両事務所は事実上1つの事務所としか見えない事
  • この事務所を実質的に運営しているのは上述の公尽会関係者であること
  • 実質上の経営者である公尽会関係者は数十年にわたり非弁行為を行っている事

 

以上の内容が確認できた。公尽会の関係者が関与する法律事務所がまともな事を行うわけがない。だからこそ、佐竹元弁護士が出入りもしているのであろう。

東京弁護士会と第一東京弁護士会は、この公尽会の関係者が関与する法律事務所を調査する必要があるだろう。また、「ヤメ弁」が関与する法律事務所について、しっかりと調査を行い、場合によっては刑事告発を行う事も弁護士会の役目であろう。そのために非弁取締委員会もあるのだから、しっかりと「ヤメ弁」の非弁行為を取り締まるべきなのである。

元公尽会関係者は、法曹界のガン細胞であることは間違いない。筆者は今後も公尽会関係者の悪行・消息を追跡する予定だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中