地下格闘技団体代表で詐欺集団代表格の吉田武生が控訴保釈の情報

「野蛮一族」という、センスの無い名前の「地下格闘技団体」の代表であり、詐欺容疑で今年3月に懲役5年6月の実刑判決を受けた吉田武生が、東京都内の地下格闘技イベントに先週末に出没していたという情報が寄せられた。

その情報によれば吉田は地裁判決後、直ちに控訴を行ったが、収監されていたところ先ごろ保釈の許可決定が出たようである。また相変わらず本人は「釈放」とのたまっているのかもしれない。

吉田に関しては斯界の有名ブログが取り上げているが

 

http://ameblo.jp/tsumeta0/entry-12159893023.html

 

こんなことが事実なのであれば、吉田が関与した詐欺被害者に被害弁償を行うべきであろう。しかし「カネの亡者」の習性からすれば、絶対に被害弁償など行わずに自分の虚栄・虚飾の為にしかカネを使わないことは間違いない事である。

吉田に関しては広域暴力団との関係も取りざたされ、吉田と同様に「地下格闘技」団体を主宰するという特殊詐欺師の一味と同じ「ケツモチ」であるとの情報も寄せられている。

その他にも関西の特殊詐欺集団と密接な関係を持っているとの情報もあり、計画的に組織的に特殊詐欺に吉田が関与したことは間違いないだろう。特殊詐欺集団のお仲間のYという人物と深い関係にあると吉田は吹聴していたようである。

何度も筆者は特殊詐欺師は「更生不能」であり、必ず再犯を行うであろうし、全く反省などしないことを指摘しているが、その最たるものがこの吉田ではないだろうか?

まぁ「闇金ウシジマくん」にネタ出してはしゃいでいるところを見ると、脳が不自由な方だと思われる。いずれにしても下衆であることは間違いない。

【参考リンク】

http://matome.naver.jp/odai/2138923071518137701/2138923230919123603

 

まぁ吉田被告は高裁においても判決が覆ることはほぼない事は自覚しているだろう。いったい保釈金をいくら積んだのか知らないが、保釈中に社会に害悪を与えないよう、しっかりと監視を行う事が重要であるはずだ。筆者は今後も「カネの亡者」の情報を皆様に随時お伝えしてく予定である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中