業務停止中の飯田秀人弁護士と女詐欺師

所属の東京弁護士会から7回目の懲戒処分(業務停止3月)を下された飯田秀人弁護士のお仲間である、女詐欺師佐久間の活動が活発なようである。

飯田弁護士とタッグを組んで、メガソーラー用地の売買(限りなく詐欺に近い)とか執行逃れとしか思えないような、法律行為(優先債権を偽造し、執行抗告を行う)など、犯罪行為を繰り返しているようである。

とはいえ頼みの飯田先生はお休み中なので、誰かに代わりをやってもらわなければならない。飯田とつながりがある弁護士と言えば、何名かしか存在しないので(誰も相手にしない)、佐久間女史の行きつく先の弁護士は読者の皆様の想像通りの、ここ何年か執務より業務停止期間の方が長い、あの問題弁護士なのである。

佐久間女史は、任侠界の大物にも可愛がってもらった過去があると吹聴しているようだが、ただの派手好きな婆様にしか見えないのが現在の状況である。飯田秀人が「いろは総合法律事務所」を開設する前の新橋の弁護士ビルにいたころから、飯田は佐久間女史にタカリ歩いていたようである。

株主代表訴訟のプロフェッショナルを自称する飯田先生だが、その能力の衰えはいかんともしがたいものがあるようだ。最近周囲にいる人間は、ほぼ詐欺師かブローカーしかいないのが現実だ。

ここまで墜ちると東大卒の明晰な頭脳もフル稼働することもなく、日々の「カネに追われ」詐欺師たちとタッグを組んでいるのであろう。

かつては、お仲間たちと事件を仕掛けた元気も今は喪失しているようだ。今度の懲戒が明けたら弁護士バッジを返却するのが飯田先生にとって最善の選択であると思うのは筆者だけではないだろう。

“業務停止中の飯田秀人弁護士と女詐欺師” への2件のフィードバック

  1. S女史は、お友達の飯田先生の業務停止中はどの弁護士を使っていたのか、非常に興味深いところです
    飯田先生が消えても、第二、第三の飯田先生が生まれるのでしょう

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中