欲望を自制できない法曹たち 岡口基一裁判官が半裸画像投稿で厳重注意、児童買春で逮捕の平岩篤朗弁護士(札幌)には懲戒相当の議決

産経新聞は27日「50歳裁判官、「縄で縛られた自分」とツイッターに半裸画像投稿 東京高裁が厳重注意」として以下の記事を配信した。

 

ツイッターに「縄で縛られた自分」とする半裸の画像などを投稿し、裁判官の品位を傷つけたとして、東京高裁の岡口基一(きいち)裁判官(50)が、同高裁の戸倉三郎長官から今月21日に厳重注意を受けていたことが27日、分かった。

  同高裁によると、岡口裁判官は平成26年4月~今年3月、自身のツイッターに「エロエロツイート頑張るね。白ブリーフ一丁写真とかもアップしますね」などと投稿したり、「行きつけの飲み屋でSMバーの女王さまに縛ってもらった」などとする男性の半裸画像など3件を投稿したりした。

  岡口裁判官は注意後の25日にも、ツイッターに「げげげ! (別の)アカウントが凍結された。3回目。前2回は俺自身のほぼ全裸に近い淫らなエロ画像をアップしたからなんだけど…」などと投稿している。

  岡口裁判官は東大卒。平成6年に任官し、大阪高裁などを経て昨年4月から現職。同高裁の渡部勇次事務局長は「現職裁判官が国民の信頼を傷つけ、誠に遺憾だ」とコメントを出した。

 

引用以上

 

 岡口判事は、一体何のために自らの画像を投稿などしたのであろうか?岡口氏の投稿画像は以下のリンクで確認できるが、全く理解不能であるとしか言いようがない。

 

http://matome.naver.jp/odai/2142901560455560601

 

 岡口判事の行為は、犯罪を構成するものではないが、東京高裁の戸倉長官は「みっともないから」厳重注意を行ったのであろうが、戸倉長官の厳重注意は岡口判事の表現の自由や、幸福追求権を否定するものであり、不適切ではないのであろうか?人権派と呼ばれる弁護士さんたちは、戸倉長官の厳重注意について人権侵害であることを理由に厳重に抗議を行って欲しいものだ。

また、女子中学生を買春したなどとして、児童買春・ポルノ禁止法違反で逮捕され罰金80万円の略式命令を受けた平岩篤郎弁護士に懲戒相当の議決を所属の札幌弁護士会が下したそうだ。これで、まず間違いなく平岩弁護士には懲戒処分がなされることになるはずだ。

【参考リンク】

児童買春禁止法などで罰金80万円の略式命令を受けた平岩篤郎弁護士(札幌) 札幌弁護士会は速やかに会としての懲戒請求を

 

 札幌の児童買春弁護士に懲戒相当の議決・札弁綱紀委員会 ( 事故 ) – 弁護士自治を考える会

 

 上記の弁護士自治を考える会の記事でも触れられているが、札幌弁護士会が対象弁護士に弁護士を続けても良いという判断を出した場合には、社会が納得する説明が必要であることは間違いないだろう。

いくら刑事処分を受け、反省をしていると言っても「社会正義の実現」や「基本的人権の擁護」を使命とする弁護士が、「品性の陶冶」を怠り、自らの欲望の赴くままに未成年の児童を対象に性的欲求を満たすための犯罪行為を行ったのであるから、一般人よりも重い社会的制裁が必要であると筆者は考える。各単位弁護士会の常識が国民の常識と乖離している事は何度もお伝えしている通りであるが、札幌弁護士会には常識的な判断を下してほしいものである。

しかし、欲望を自制できない法曹が多すぎですね。なんでこんなに、みっともない事を平気で出来るのですかね?筆者には全く理解不能である。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中