下半身双方代理の法教育に熱心な「ヤメ検」について

筆者も過去に何度か取り上げている、「おしゃれな街」で事務所を開設し「法教育」に熱心な「ヤメ検」の破廉恥な行状と、悪質な弁護士活動について最近以下の報道がなされている。

 

【参考リンク】

 

奇才なMSブログのインパクト 敬天新聞

 

敬天記事と小野塚清 : MS blog

 

 この「ヤメ検」の行状は、弁護士の品位を汚すような行動が多いと筆者は考えており、何度かにわたり司法ジャーナルに投稿し問題を提起した。その代表的な投稿を再掲する。

 

偽証教唆の深い闇 有名ヤメ検と振込め詐欺師の共謀事案など 2013年4月23日  

 太陽光発電や地熱発電の事業をうたい、「出資金」と称して金銭を騙し取る振込め詐欺の事案において「法教育」の重要性を説いている「ヤメ検」の弁護士が、振込め詐欺の逮捕されていない主犯の指示により、供述を犯罪組織の隠蔽に有利になるべく供述をするよう、逮捕された被疑者らに、この「ヤメ検」は他の弁護士を使って指示をしていたそうだ。  この「ヤメ検」は自らの手を汚さずに、別の弁護士に犯罪組織側の「伝言」を伝えさせていたのだ。極めて狡猾で悪質な弁護活動である。  このように犯罪組織と結託し適正な犯罪捜査を妨害する弁護士は枚挙に暇が無いぐらい多数存在するのだ。そこに「ヤメ検」が関与する事も極めて多い。社会正義の実現よりも「カネ」を選んで弁護士になる「ヤメ検」らしいお仕事ぶりである。  前回の投稿で  http://www.shihoujournal.co.jp/plaza/130420_2.html(偽証教唆容疑で弁護士ら逮捕) においても、このような刑事弁護の精神とかけ離れ被疑者よりも犯罪組織の利益を守るべく弁護活動を行う弁護士が多すぎるのである。  日弁連・各単位弁護士会は人権擁護と社会正義の実現の為に、如何なる権力にも屈することなく、自由独立でなくてはならないとしている。しかし、相当多数の弁護士が社会正義の実現と真逆の行動を取っている事は何度も主張している通りである。  この「弁護士自治」が一つの歪んだ「権力」となっている事が分からない日弁連でもあるまい。「弁護士自治」という名目の元に、刑事事件さえ起こさなければ弁護活動に介入されず、犯罪者や悪徳商法の幇助を飯の種にしている弁護士達はほとんど何のお咎めも受け無いのである。  如何なる権力にも屈することの無い弁護士は、どんな悪法の下においても権力になど屈しないのである。(布施辰治や山崎今朝弥を見よ)こんな事は弁護士を志望した時点で理解せねばならない事であり、日弁連が高々と掲げるような内容では無いのだ。しかし現代の弁護士達はほとんど「民免而無恥」のお手伝いをしているだけで、自らの哲学など持たぬ者ばかりという情けない有様である。  この「哲学」の欠如が、現代の弁護士の特徴であり弁護士を「カネの亡者」にする原因なのである。司法制度改革は、「法の哲学」を国民に知らしめることから始めるべきであるにも関わらず、「司法サービス」の充実として弁護士のゼロワンに地域の解消として各地に公設事務所を設置し、弁護士を増員し「法テラス」を設置してきたのだが、公設事務所ではデタラメな処理が行われ(http://www.shihoujournal.co.jp/plaza/130419_1.html公設事務所のデタラメ処理に対する最高裁判決)法曹増員は見直しを余儀なくされ、法テラスは今まで存在していた「マチ弁」の業務を圧迫している。  司法制度改革に「哲学」が存在しなかった結果である。  振込め詐欺師と結託する弁護士には「哲学」など存在せず「カネ」しか考えて無い事は簡単に理解できるのであるが、このような弁護士達の「カネ」の使途はほとんど「浪費」である。破産した元東京弁護士会所属の森田哲治元弁護士も相当浪費を重ねていた情報が寄せられている。  いずれにせよ犯罪組織・犯罪集団と弁護士の蜜月は、国民が考えているよりも深刻である。日弁連・各単位弁護士会に自浄能力など全く無い事を筆者は良く理解しているつもりなので、今後も適正な捜査の妨害を弁護士が行ったという情報を入手次第公表していくつもりである。

 

振込め詐欺関係者と共謀する「ヤメ検」の行状と評判 2013年4月25日  

 4月23日付投稿で指摘した「法教育」の重要性を説く有名「ヤメ検」が犯罪組織の意を受けて、逮捕拘留中の被疑者らに対し弁護士として極めて不適切な伝言の指示を、他の弁護士を通じて行った事を指摘した。このセンセイは都内のおしゃれな地域で事務所を営んでいるようであるが、このセンセイの行状や評判は下記のとおり芳しくないものである。 地上げや暴力団との関係で取りざたされ、ある事件で有罪になった不動産屋と昵懇 暴力団関係企業の供託金を「絵を描いて」自らの家庭モンダイ解決に費消 地上げ関係者の変死事件に関与との噂 暴力団関係者と検事時代から昵懇・そんな事で検事を辞めたとの情報も 離婚事件の依頼人の相手方との不貞行為があった 振込め詐欺関係者から「頼りになるセンセイ」と認識されている キャバクラで浪費が趣味  あくまで噂のものもあるが、ほとんどが真実を反映しているようだ。このセンセイが「社会正義の実現」よりも振込め詐欺師や暴力団との関係を重視し「カネ」だけを追い求めるのは容易に理解できる事だ。  このセンセイが行う「法教育」はどのようなものなのか極めて興味深いものがある。一度是非センセイの講義を聞いてみたいものだ。  しかし弁護士の質の低下は著しいものがありますね。「弁護士倫理」以前の「人間としての倫理」が問われることが多くなっています。自らの検事経験を生かした証拠隠滅や犯人隠避は本当にやめて欲しいものです。この投稿を、おしゃれな街のセンセイもご覧になられると思いますので、ご意見がありましたら焼き肉でも食いながらセンセイのお話しを伺う用意がある事をお伝えしておきます。  センセイも別事務所の若手弁護士(それも立派な事務所じゃないですか!)なんか使わずに、自分でヤバイ話は伝えるべきですよ。そうでないと何かあった時に可哀想じゃないですか、山本至元弁護士や関元隆元弁護士のように弁護士資格を喪失する事もあることはお分かりですよね。  ヤクザやチンピラじゃないんですから、若いセンセイを「鉄砲玉」みたいに使うのは良くないと思いますよ。確かに逮捕された被疑者の人権を守る事は重要だけど「接見交通権」を悪用して犯罪組織の指示を伝えたりすることは既に上記の2人の元弁護士の裁判でも「接見交通権の悪用」と断罪されているよ、弁護士の「規範意識の鈍磨」とも表現されているね。  僭越ながらセンセイは「規範意識の鈍磨」が著しいように感じられるから、今後はそんな事しないように注意して下さいね。念のためですが、私の元には結構な証拠を伴う情報が集まってますよ、一応伝えておきますね。

 

再掲以上

 

 筆者からすれば、この「ヤメ検」のセンセイこそ「反社会的勢力」である。特殊詐欺集団の利益を守るための弁護士活動を行い、離婚事件の相手方と不貞行為を重ねるような人間なのだから、間違いなく「反社会的」であろう。この「ヤメ検」は再掲した投稿でも指摘している通り「弁護士倫理」以前の「人間としての倫理」に欠けるセンセイなのである。

こんな弁護士を放置しているのが「弁護士の弁護士による弁護士の為の弁護士自治」である。こんな「人間としての倫理」に欠ける弁護士を放置しておくことは弁護士自治の信託者である国民にとって大変な不利益であることを日弁連・所属弁護士会は認識してほしいものである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中