ATM一斉引き出し事件 やはり暴力団が関与か 詐欺集団に関与する暴力団の徹底的な壊滅を

20日付で時事通信は「暴力団関係者が関与か=防犯カメラに車、ATM一斉引き出し―福岡」として以下の記事を配信した。

 

全国のコンビニの現金自動預払機(ATM)から計約18億円が引き出された事件で、福岡県内で被害に遭ったコンビニの防犯カメラに暴力団関係者の車両が映っていたことが20日、県警への取材で分かった。

  県警は暴力団関係者が犯行に関わった可能性が高いとみて捜査を進める。

  県警によると、全国のATMから一斉に現金が引き出された5月15日朝、県内で被害が確認されたコンビニ数店舗の防犯カメラに映っていた車両を調べたところ、暴力団関係者が所有する車と判明した。

  福岡県ではコンビニ100店舗以上で、計約1億5000万円の被害が確認されている。

 

引用以上

 

 毎度毎度の繰り返しで恐縮だが、すでに暴力団は単なる「犯罪集団」に堕している。特殊詐欺や振り込め詐欺に関与する暴力団幹部が後を絶たないことや、(良い例が古川組組長ですね桐生クン)任侠道など忘れた振る舞いが、暴対法や暴対条例の施行に繋がったことは否めないはずである。

全国で約18億円もの現金が引き出されていた事件の背後にも、予想通り暴力団が存在したわけである。

今後必ず、この事件に関与した暴力団関係者は逮捕されるであろう。しかし実行犯を逮捕するだけでなく、このような「カネの亡者」の犯罪に対しては犯罪収益の行方を徹底的に追及し、最終的な犯罪収益の行先を確かめ、その受益者に罰を与えることが肝心なのである。

犯罪収益の受益者が暴力団であるのであれば組織犯罪処罰法も適用し厳罰を与えることが必要なのである。出し子部隊を束ねる半グレなどに対しても、同じく組織犯罪処罰法を適用することも必要であろうし、わずかであっても犯罪を幇助した者には厳罰を与えるべきなのである。

これも毎度毎度の繰り返しで恐縮だが、「カネの亡者」は絶対に「更生不能」である。浪費でしか自己主張をできず、自らの価値観など皆無だからブランド物を買いあさるのが、この手のバカの特徴である。

キャバクラで豪遊し、腕時計を自慢し全身流行のブランド物で身を飾るバカを発見した方は、間違いなくその手の人間はまともな人間ではないから、警察に情報提供をして頂きたい。特殊詐欺首魁の桐生成章クンもウブロの時計などには造詣が深いそうだから、そんな連中が詐欺師であることは間違いないのである。社会秩序の維持のためにもバカ共を根絶やしにするためにも、キャバクラで豪遊するバカを見かけた方は積極的に捜査機関に情報を提供してください。そのような積み重ねが、特殊詐欺の壊滅させるために有効な手段であることは間違いないからである。

“ATM一斉引き出し事件 やはり暴力団が関与か 詐欺集団に関与する暴力団の徹底的な壊滅を” への 1 件のフィードバック

  1.  私の地元警察署の留置の8割りが詐欺事件だそうです もはや何でもアリの腐った 任侠道とは程遠い世界です….

    いつもお疲れ様です

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中