盗撮弁護士 梅津真道(栃木)に罰金50万円の略式処分 自制心無き弁護士のしたたかな戦略

13日付で産経新聞は「女児殺害事件担当弁護士に罰金50万円の略式命令 女性のスカート内盗撮した罪」として以下の記事を配信した。

 

栃木区検は13日、女性のスカート内を盗撮したとして、栃木県迷惑防止条例違反(盗撮)罪で、同県小山市の梅津真道弁護士(43)を略式起訴した。栃木簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出した。梅津弁護士は同日釈放された。

  起訴状によると、平成26年10月と昨年12月、今年4月の計3回、宇都宮市と小山市で女性のスカート内を小型カメラで撮影したとしている。

  梅津弁護士は、同県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件で被告の弁護人を務めた。県警の調べに対し、「数年前から盗撮していた。性癖だった」などと供述していた。

 

引用以上

 

 この盗撮弁護士について筆者は以下のとおりの論考を行い、梅津弁護士が禁錮以上の刑に処せられることはまずない事を指摘している。

 

【参考記事】

盗撮弁護士は梅津真道弁護士(栃木県弁護士会元副会長)でした

 

 この事件は、梅津弁護士の「自首」から明らかになった事件である。梅津弁護士は盗撮行為が発覚したと考え、知人の弁護士に付き添われ警察に出頭し、盗撮データを任意で提出したのである。

この行動から見える事は、「盗撮」で弁護士資格を喪失することは無いので、罪を認め早くこの事件を終息させて、事件が忘れ去られるのを待つ戦略であったのだろう。

現在、梅津弁護士には所属会により懲戒請求が提起されている。この懲戒請求についても梅津弁護士が「反省」を縷々述べるであろうことは想像に難くないが、何年もの間「性癖」として犯罪行為である「盗撮」行為を繰り返した梅津弁護士の自制心の無さは理解しているのだろうから、「盗撮」の再犯の抑止のためにも厳しい処分を下すべきであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中