弁護士の局部切断事件 被告に懲役6年を求刑 民法の再婚禁止期間も短縮され乱倫社会は益々進化するでしょう

産経ニュースは3日付で「元大学院生に懲役6年求刑 7月5日に判決」として以下の記事を配信した。

 

弁護士の男性(42)の下腹部を傷つけたとして、傷害と銃刀法違反の罪に問われた元慶応大法科大学院生、小番一騎被告(25)の公判が3日、東京地裁(家令和典裁判官)で開かれ、検察側が懲役6年を求刑して結審した。判決は7月5日。

 検察側は論告で、妻が雇い主である弁護士と肉体関係を持ったと打ち明けた話を被告が曲解して事件に及んだと指摘。「安易かつ短絡的で、極めて残忍。非常に悪質だ」と述べた。

 弁護側は最終弁論で「妻が傷つけられたと思った。許されるものではないが、経緯や動機には酌むべき事情がある」と執行猶予付きの判決を求めた。

 最終意見陳述で被告は「被害者に耐え難い苦痛を与えてしまい、深く後悔し反省している」と陳謝。「二度とこのようなことを起こさず、真面目に生きていきたい」と述べた。

 

引用以上

 

 局部を切断された弁護士は、既婚の事務員に手を出して、その夫に「宮刑」に処されたのである。その原因は、被告の妻の虚言にあるらしいが、被害者と呼ばれる弁護士の思い上がりと、器量の無さにあることは間違いないだろう。つまらない火遊びなどしないで、被告の妻にでも妾宅を買ってやるとか、自らの妻を説得して「妻妾同衾」の生活をして妻と同じように扱うなどしていれば、被告の妻は被告から自然に離れていたのではないだろうか?大した覚悟もない、火遊びは何も生まないことぐらい職業柄被害者の弁護士さんは分かっているにも関わらず、欲望を自制できず、浮気相手のコントロールもできなかったのである。簡単に言えば「器量」がないということだ。

イケメン自慢の自ら有能であることを自負していた弁護士は、乱暴者の「私刑」により男性機能を奪われたのだが、同情する者は限りなく少ないだろう。自らの「器量」を見せたいのであれば、裁判所に被告への減刑の上申書でも提出すべきであろう。

 

また、女性の再婚禁止期間を短縮する民法が改正された。読売新聞は1日付で「女性の再婚禁止、100日に短縮…改正民法成立」として以下の記事を配信した。

 

女性の再婚禁止期間を6か月から100日に短縮する改正民法は1日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。

 

  100日を超える再婚禁止期間は憲法違反とする昨年12月の最高裁判決を受けた措置で、再婚禁止の期間が見直されるのは118年前となる1898年(明治31年)の民法施行以来、初めて。

 

  再婚禁止期間に関する民法733条1項の規定は、離婚した女性が産む子どもの父親が誰かという争いを防ぐために設けられた。

 

  しかし、最高裁は昨年12月、再婚までの期間が100日あれば、〈1〉離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子〈2〉婚姻後200日後の子は再婚相手の子――という「嫡出推定」が重ならないと指摘し、100日を超える再婚禁止期間は「過剰な制約」だと判断した。

 

引用以上

 

 この父親を特定するための法律が、科学の進化によって改正されると考えるべきなのだろうが、一般の人たちにはあまり関係のない話であろう。この法律の適用に頭を悩ませるものは極めて少数だからである。

この法改正は乱倫社会の発達と、子供の父親の特定がDNA鑑定などで分かりやすくなったことから、最高裁の違憲判決を受けての改正である。

婚姻の自由も、離婚の自由も結構だが、欲望を自制できず動物と大して変わらない人間たちが増加することは社会秩序の維持にはマイナス要因でしかないだろう。欲望を自制できない人間を益する法律を制定しても、出生率は上がらないことは確かである。この手の人間は自分の事しか考えておらず、自らの欲望のためには子供が邪魔になることが多いので、「中絶」をすることにためらいの無い者も多いからである。

「連れ子」の虐待などの痛ましい事件も、この手の欲望を自制できない人間たちが引き起こすことが多いのも事実である。

自由は大いに結構、しかし自分を律することをできない事と「自由」は異なる事を理解させる教育が必要ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中