問題弁護士であり「泥棒」駒場豊の同僚であった佐々木寛弁護士(東京)が、またまた事務所を移転 

過去3回の懲戒処分歴を誇る佐々木寛弁護士(東京)は、少なくとも今年の4月中旬ぐらいまでは、東京千代田綜合法律事務所にご在籍だったはずであるが、以下の事務所に現在は登録が変更されたご様子である。

氏名かな                      ささき ひろし

氏名                            佐々木

性別                            男性

事務所名                      きずな法律会計事務所

郵便番号                      〒 1080023

事務所住所                   東京都 港区芝浦2-17-10 新大友ビル2

電話番号                      03-6453-6720

FAX番号                     03-6453-6721

 

この佐々木弁護士の遍歴については、弁護士自治を考える会の記事が詳しく報じている。

 

『伝説の弁護士3人が1つの部屋で2つの事務所をかまえた』(東京)

 

 上記のリンクのように、佐々木弁護士が以前に在籍していたのは、「泥棒」駒場豊弁護士が同僚として在籍していた「東京千代田綜合法律事務所」である。

この事務所には立ち上げ当初には、同じく問題弁護士である大橋秀雄弁護士(東京)も在籍していたのである。複数の懲戒処分を受けた弁護士が3人も集結していたのである。最近崩壊した潮総合法律事務所も、伊関正孝(東京 除名)笠井浩二(東京)大橋秀雄(東京)と問題弁護士3名が集まっていたわけであるが、結局のところは、誰もいなくなったわけである。そして、東京千代田綜合法律事務所も誰もいなくなり、残された佐々木寛弁護士もおそらく「飼い主」が変わり、新たな事務所に移転をしたという事であろう。

何度も繰り返すが、問題弁護士が登録事項を変更する際には、所属弁護士会は適切に指導監督連絡権を行使するべきではないだろうか?佐々木弁護士の以前在籍した東京千代田綜合法律事務所にしても、崩壊した潮総合法律事務所にしても懲戒弁護士が3名も集まるという事は明らかに異常な事態である。そのような状態を放置したことが、結局は「泥棒」駒場豊の被害者を増加させ、おなじく犯罪常習者である伊関正孝による被害金額を増加させたことは間違いないのである。

佐々木弁護士の所属する東京弁護士会は、何らかの調査を同弁護士に行うべきであると考えるのは筆者だけでは無いはずだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中