ヤメ検 湯澤昌己弁護士(第二東京)に有罪判決 一部の「ヤメ検」による法知識悪用の反社集団への擁護の防止を

共同通信は6日「証人威迫、弁護士に有罪 東京地裁「職業倫理鈍麻」」として、以下の記事を配信した。

 

弁護人を務めた事件の公判で、被告に不利な証言をしないよう証人を脅したとして証人威迫罪に問われた元検事で弁護士湯沢昌己被告に東京地裁は6日、懲役10月、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。

 杉山裁判官は「裁判の適正な運営を阻害しようとした悪質な犯行。職業倫理が鈍麻していたと言わざるを得ない」と非難。一方で「事実を認め反省している」と執行猶予の理由を述べた。

 判決によると、売春防止法違反罪に問われた被告=公判中=と共謀し、昨年11月、事件の証人に「あなたの警察官に対する虚偽供述で損害を被ったので訴訟を提起した」とする書面を郵送して脅した。

 

引用以上

 

この事件について筆者は湯澤弁護士が在宅起訴された当時以下の記事を掲載している。

 

暴力団・組織犯罪集団御用達のヤメ検 湯澤昌己弁護士(第二東京)を証人威迫罪で在宅起訴 所属の第二東京弁護士会は会として速やかに懲戒請求の提起を

 

 湯澤弁護士は、裁判官に「裁判の適正な運用を阻害」「職業倫理の鈍麻」などと指摘されたような行為を行い、自らもその内容について「事実を認め反省」しているとのことである。

証人威迫罪(刑法150条の2)の条文は以下のとおりである。

自己若しくは他人の刑事事件の捜査若しくは審判に必要な知識を有すると認められる者又はその親族に対し、当該事件に関して、正当な理由がないのに面会を強請し、又は強談威迫の行為をした者は、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。

 

条文にあるとおり、証人威迫罪の構成要件は刑事事件の捜査や裁判に必要な知識を持つ者やその親族に対して「正当な理由がない」にも関わらず、面会の強制や、脅迫的な行動をすることである。このような行為を法律の専門家であり「基本的人権の擁護・社会正義の実現」を使命とする弁護士が行ったのであり、しかも弁護士登録以前には検事として「刑事について、公訴を行い、裁判所に法の正当な適用を請求し、且つ、裁判の執行を監督し、又、裁判所の権限に属するその他の事項についても職務上必要と認めるときは、裁判所に、通知を求め、又は意見を述べ、又、公益の代表者として他の法令がその権限に属させた事務を行う。」(検察庁法第4条)というような、お仕事をしていたのであるから、極めて悪質な犯罪行為であることは湯澤弁護士も充分に認識をしていたはずである。

証人威迫罪の最高刑が懲役1年であることから、裁判所の判断は妥当なのであろうが、最近多発する弁護士による犯罪行為を考慮すれば、法律の専門家である弁護士の犯罪については量刑を二倍にできるような法改正を行う事が必要ではないかと筆者は考えている。

この湯澤弁護士は特殊詐欺集団や反社会的勢力の弁護士を積極的に受けていた事でも、知られている。湯澤弁護士に限らず多くの「ヤメ検」たちが、自分たちの捜査経験を生かして犯罪集団の「御用達」になっている事は事実である。

刑事弁護は被疑者・被告人の権利のために、最善の弁護活動を行わねばならぬことは当然ではあるが、「職業倫理」が鈍麻していると判断されるような犯罪行為を行い、被告人の利益を図る事は論外であろう。ただ、この湯澤弁護士が行ったような行為は、問題ヤメ検の多くが使う手法であることは頭に入れておくべきであろう。「あなたを私が告訴すれば、あなたは有罪になりますよ」とか「あなたが刑事告発を行うようであれば虚偽告訴罪で告発しますよ」などと言って交渉を行うヤメ検は結構多いからである。

その他にも、「悪徳商法」や「超高金利」を事実上幇助しているヤメ検も存在する。ヤメ検に限る事ではないが、法知識を悪用し反社会的集団の利益を図るような弁護士たちを駆逐することは、法による支配を維持するためには絶対に必要なことであり、捜査手法を熟知しているヤメ検が法知識や経験の悪用を行う事を絶対に許してはならないのである。

この判決を受けて、罪状を認めている湯澤弁護士は控訴するのであろうか、控訴を行わなければ湯澤弁護士は弁護士の欠格事由(弁護士法第7条の1)に該当することから弁護士資格を喪失することになる。そうなれば、所属の第二東京弁護士会は湯澤弁護士についての懲戒処分を提起することもできなくなるので、湯澤弁護士にはぜひ、最高裁まで争っていただき、第二東京弁護士会には湯澤弁護士に対して懲戒請求を提起してもらいたいものである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中