猪野雅彦弁護士(第二東京)の業務停止期間が終了しました

詐欺的出会い系サイトや特殊詐欺関係者の間では有名弁護士の猪野雅彦弁護士(第二東京)の業務停止の懲戒処分の期間が昨日で終了し、本日より猪野先生は弁護士業務に復帰することになる。

この猪野先生の懲戒処分の内容は傲岸不遜な第二東京弁護士会は「自由と正義」で公表されるまでは全く問い合わせをしても内容を公開しないので、いまだに内容は不明であるが、複数件の懲戒請求が猪野先生に出ていたことは間違いのない事実のようだ。また猪野先生が、刑事事件の公判をすっぽかしたりした事実も既に報道されている。このあたりの事情は筆者も以前にも問題を提起している。

 

【参考記事】

数々の問題と伝説を生んだ猪野雅彦弁護士(第二東京)に業務停止2月の懲戒処分

 

 第二東京弁護士会は、猪野先生の業務停止期間の間に事務所の使用の禁止や弁護士名の表示などを行わないよう、指導監督に当たったはずである。その際には、必ず猪野弁護士の事務所を訪問しているはずであるが、その他の問題は目につかなかったのであろうか?

ある意味では相当な「有名弁護士」である、猪野先生の周囲には様々な犯罪集団や犯罪予備軍が取り巻いており、弁護士会の嫌いな「非弁集団」も猪野先生の周囲に存在する様子も窺える。

今後も、しっかりと猪野先生の指導監督に第二東京弁護士会が当たらなければ、猪野先生が弁護士資格を喪失するような事件に巻き込まれることは必定ではないかと筆者は寄せられた情報などから考えている。

単位弁護士会としての指導監督がきちんと行き届くか、筆者は今後も第二東京弁護士会と猪野先生に注目をしていく予定である。

“猪野雅彦弁護士(第二東京)の業務停止期間が終了しました” への3件のフィードバック

  1. 着手金払ったら音信不通になります。
    全てが杜撰で弁護士法違反を自分の案件で4件犯しました。
    問合せをすると事務員は怒鳴り散らす、依頼人を金蔓としか思っていない弁護士で、仕事は全く出来ません。

    いいね

  2. 非常に悪質な弁護士です。
    他の弁護士の悪口は絶えず、勝訴できる民事訴訟にも出廷せずは日常的らしく、自分も弁護士を変えたら3ヶ月で和解できました。
    10ヶ月間の受任中、会って面談が出来たのは7回、それも毎回待たされ、1時間程度話せればマシ。
    どんな依頼も引き受け、受任されたら放置なさる様子で、偶然2人知人も委任していましたが、電話での通話すら拒まれていました。
    猪野雅彦弁護士の被害者がこれ以上出ない事を願います。

    いいね

大和 にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中