泥船に乗る若手弁護士 

筆者は、弁護士法違反で告発され有罪判決が確定し弁護士登録が抹消された(抹消した?)吉田勧元弁護士(東京)が関与していた弁護士法人サルート法律事務所について、以下の論考を掲載した。

 

弁護士法違反で起訴され弁護士資格を喪失した吉田勧元弁護士の流れを汲む弁護士法人サルート法律事務所の登録情報に変更がありました

 

 現在も、サルート法律事務所はインターネット上に様々な広告があふれているが、現在の同法人のウェブサイトや各広告には、水野正晴弁護士(第二東京)だけが所属弁護士として紹介されている。

ところが、このサルート法律事務所の法人登記には変更が無いが、所属弁護士が一人追加されている事が判明した。登録番号5万番台の若手弁護士である。

どんなツテで、この事務所に所属したのかは分からないが、とりあえずは社員登記をしなかった事は賢明であろう。(自分の判断なのかは分からない)

しかし、この「泥船」に乗ってしまったら、近い将来「沈没」を共に体験することになる事には早く気づいて欲しい。非弁行為と犯罪行為を日常的に行っていた、諸永芳春弁護士(第二東京)の事務所からも、若手弁護士さんも問題が噴出する前に登録を変更したことはお伝えしたとおりだ。

 

諸永総合法律事務所は事務所名を「内神田総合法律事務所」に名称を変更し内神田に移転いたしました

 

 サルート法律事務所に所属した先生も、手遅れになる前に早急に行動を取るべきある事を、忠告しておきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中