伊関正孝弁護士(東京) ついに除名処分

6日付で時事通信は、「弁護士を除名処分=過払い金流用―東京」として、以下の記事を配信した。

 

消費者金融業者から受け取った依頼者らの過払い金を流用したなどとして、東京弁護士会は6日、伊関正孝弁護士(60)を除名の懲戒処分にしたと発表した。

 除名は最も重い処分で、3年間は弁護士資格を失う。同弁護士会の調査に対し、伊関弁護士は「争いません」と話しているという。

 

引用以上

 

 この件について東京弁護士会は、本日(4月7日)中に懲戒処分の事後報告の公表を同会のウェブサイトにて行うとの事である。

昨日もお伝えしたように、伊関弁護士所属の潮総合法律事務所は「お客様の都合」で電話が不通の状態であり、当ブログに寄せられたコメントでは4月5日付で、伊関弁護士からの受任通知が発送されているらしい。

東京弁護士会は、伊関弁護士の預り金の横領事案について刑事告訴を行うのかも含めて、現在の潮総合法律事務所の状況を調査し、国民に報告すべきである。

この件は、続報があり次第随時公表していきます。

One thought on “伊関正孝弁護士(東京) ついに除名処分”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中