5億円着服弁護士への実刑判決と430万円横領弁護士の起訴 預り金制度を廃止しなければ、今後も横領犯罪は続くでしょう

毎日新聞は28日付で「業務上横領 大阪の弁護士に懲役11年の実刑判決」として以下の記事を配信した。

 

依頼人からの預かり金など約5億円を着服、詐取したとして業務上横領などの罪に問われた大阪弁護士会所属の弁護士、久保田昇被告(63)に対し、大阪地裁は28日、懲役11年(求刑・懲役13年)の実刑判決を言い渡した。村越一浩裁判長は「高度な職業倫理が求められる弁護士が社会の信頼を失墜し、厳しい非難は免れない」と述べた。

 判決によると、久保田被告は2009年4月から15年1月、民事訴訟で代理人を務めた新潟市の建設会社からの預かり金や交通事故の示談金計約4億7000万円を着服。隣接地の購入交渉を依頼された大阪市内の幼稚園から購入名目で受け取った2700万円についてもだまし取った。

 

引用以上

 

 また産経ニュースは28日付で「遺産金を着服したとして弁護士起訴 430万円を別口座に 名古屋地検」として、以下の記事を配信した。

 

名古屋地検は28日、依頼人の遺産金約430万円を着服したとして、業務上横領の罪で愛知県春日井市の弁護士、説田正幸容疑者(39)を起訴した。

 起訴状によると平成27年1月、相続手続きを請け負っていた名古屋市港区の男性(83)=14年7月に死亡=から預かり、説田被告名義の口座に保管していた親族への遺産約1千万円のうち約430万円を別の口座に移し横領したとしている。

 愛知県警港署によると、説田被告は逮捕当時認否を留保し、その後容疑を認めた。

 

引用以上

 

 久保田弁護士の悪質極まりない横領行為について、大阪地裁の村越一浩裁判長が「高度な職業倫理が求められる弁護士が社会の信頼を失墜し、厳しい非難は免れない」と述べた事は当然であろう。弁護士の使命と真逆の行為を行い、自らの都合だけで人様のカネを使い込んだ久保田弁護士への判決が求刑の懲役13年に対して、懲役11年とされたことは残念である。法律のプロである弁護士の悪質な犯行であったのだから求刑通りの判決でもよかったのではないだろうか。

また、愛知県弁護士会所属の説田弁護士は引用記事によれば被疑事実を認めたという事であるが、自らの預り口口座から横領した430万円の使途が気になるところである。いったい何に費消したのかきちんと説明を公判で正直に述べてほしいものである。

何度も繰り返すが、弁護士個人の裁量で引出が可能な「預り金」制度を廃止しなければ、今後も預り金の横領・着服行為は後を絶たないことは明白であろう。最近は、昨年所属の東京弁護士会から退会命令の処分を受けた龍博弁護士のように竹川カズノリ(横浜市在住)のような非弁屋と手を組んで預り金を横領するために計画的に弁護士事務所を立ち上げるような連中も存在するのである。

そんな連中を放置し「預り金」制度を廃止しなければ、東京弁護士会の懲戒処分の事前公表がなされている伊関正孝弁護士のように預り金96,731,955円がいつの間にか1,764,940円になってしまうような事態に陥ってしまう事もあるのである。債権者破産により弁護士資格を喪失した「泥棒」駒場豊も自転車操業で依頼者の預り金を使い込んでいたにも関わらず、不可解な貸し付けを繰り返したいたのである。

多くの国民に理不尽な被害を与えないためにも「預り金」制度の改革は喫緊の課題なのである。日弁連・各単位弁護士会には何の期待も出来ないので、弁護士法の改正の中で弁護士の預り金についての規制を盛り込むことを国会で議論すべき時期なのである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中