折本和司弁護士(横浜)に業務停止2月の懲戒処分 欲望を自制できない弁護士が無視した個人の尊厳

産経ニュースは14日付で『「弁護士を業務停止2カ月 依頼女性にわいせつ行為繰り返し「恋愛感情あった」 横浜 』として以下の記事を配信した。

 

横浜弁護士会は14日、依頼者の女性に性的行為を繰り返したとして、所属する折本和司弁護士(60)を業務停止2カ月の懲戒処分にした。2014年、女性から懲戒請求があった。

 同会によると、08年1月から女性の代理人として医療過誤に関する訴訟などに従事。13年11月~14年4月、胸をもんだり下半身を触ったりする性的行為を8回にわたって繰り返した。「恋愛感情があった」と話しているという。

 同会の竹森裕子会長は記者会見で「女性が受けた心身のショックは大きなもの。優越的な立場を利用した行為と言わざるを得ず、誠に遺憾だ。深くおわび申し上げる」と述べた。

 

引用以上

 

最近頻発している、異性に対して欲望を自制できない弁護士の非行である。横浜弁護士会の会長の言うとおり、「優越的な立場を利用した行為」であることは間違いなく、極めて卑劣で個人の尊厳を踏みにじる行為であることは間違いない。

それにしては、この懲戒処分は甘すぎるのではないだろうか。先ごろ、第二東京弁護士会の大塚和成弁護士は女性に性行為を強要したとして「退会命令」の懲戒処分を受けた。

参考記事

大塚和成弁護士(第二東京) 女性に性行為を強要として退会命令の懲戒処分

 自らの優越的な立場を利用して、異性に対しての欲望を満たそうとする弁護士には厳罰を与えるべきなのである。しかしながら、横浜弁護士会は「業務停止2月」という極めて甘い処分を下したのである。

この折本弁護士は、すでに削除された所属事務所のウェブサイトによると

http://web.archive.org/web/20141229023447/http://www.minato-slaw.com/attorney/orimoto

青法協神奈川支部で憲法平和部会長として精力的な活動を行っていたようである。また、座右の銘を「ラブ&ピース&個人の尊厳」と公表している。

ラブ&ピースは結構だが、依頼者に「恋愛感情があった」と述べる折本弁護士は「個人の尊厳」を踏みにじり、わいせつ行為を8回も繰り返したのである。折本センセイは「恋愛感情」があるのに、なぜわざわざ相手に嫌われる行為を行ったのだろうか?その挙句に懲戒請求を提起され、甘い処分とはいえ業務停止2月という懲戒処分を受けることになったのだから、なおさらである。

折本弁護士は上記の所属事務所のウェブサイトによると「こだわり」として

当然のことながら、反権力。真面目に暮らす人が報われる社会、子供たちが明るい未来を思い描ける社会を実現するために、精一杯のことをしたいし、そのために、今の日本国憲法を守り、広めたい。

 と述べているが、基本的人権の尊重を基本とする日本国憲法の精神にも反する行為を行ったのである。言行不一致の極みであると誰もが思うはずであろうと筆者は考えている。

“折本和司弁護士(横浜)に業務停止2月の懲戒処分 欲望を自制できない弁護士が無視した個人の尊厳” への 1 件のフィードバック

  1. 恋愛感情があったなどと、恥ずべき弁明。
    傷ついた患者から、不当な金銭をせしめ、そのうえ肉体を要求するなど最も卑劣な行為、退会すべき。このような人物が医療過誤の代理人などになれるか!女性の人権も踏みにじった

    周りの弁護士も諌めるどころかお世話になっているからと弁護した様子。
    2か月という大甘な処分とした弁護士会の公正さに疑問。
    懲戒委員会の身内庇いにも大いに問題あり。襟を正せ

りんどう にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中