東京弁護士会の役員及び綱紀委員会もしくは懲戒委員会の関係者にお知らせします。現在も懲戒処分の事前公表をなされている伊関正孝会員は不適切な金策に奔走中です。

有名問題弁護士であり、複数の懲戒処分者が集結した潮総合法律事務所に在籍する伊関正孝弁護士は、東京弁護士会から懲戒処分の事前公表をなされている。

 

懲戒の手続に付された事案の事前公表について

 

 この伊関弁護士は上記の東京弁護士会が公表した内容にも示されているとおり、預り金96,731,955円がいつの間にか2014年4月8日現在で1,764,940円しかなくなっている事と、伊関弁護士自身が、東京弁護士会の調査に対し、預り金の返還を求める依頼者が10名ほどおり、その総額は1000万円程度であることを認めていることなどから、東京弁護士会は、伊関弁護士が多数の依頼者に対して重大な損害を与えているものであり、懲戒委員会の議決が行われるまでに、さらに被害が拡大することが強く懸念されるとして、懲戒処分の事前公表を行っているのである。この件は以前にも言及している。

 

一体いつになれば、犯罪弁護士伊関正孝(東弁)の懲戒処分が下されるのか?弁護士自治の機能不全について

 

 この伊関弁護士だが、このところ反社会勢力などに金策を必死に行っているとの情報が寄せられた。伊関弁護士は非弁提携や名義貸しなどの話を、そのような勢力に持ちかけカネを作ろうしているらしい。まだ被害者に返金をする為であれば良いのだが、基本的にはそうでないような話のようだ。

東京弁護士会の役員・綱紀委員会もしくは懲戒委員会の関係者の方たちに、この情報をお知らせしますので、速やかに伊関弁護士の所属する潮総合法律事務所に指導監督連絡権を行使して、徹底的な調査を行うべきであることを提案いたします。

また、せっかく懲戒処分の事前公表を行っても、事前公表からすでに今年の5月で約2年が経過する事になる。懲戒処分の事前公表を行っても、その過程が分からなければ公表する意味も無いでしょう、現実に伊関弁護士に懲戒処分の事前公表後に委任を行ってしまった依頼者も存在するはずであります。

東京弁護士会においては、以上のような内容から

1.現在の伊関弁護士の懲戒処分の進捗状況の公表

2.潮総合法律事務所に対する指導監督連絡権の行使

を早急に行う事と、預り金の「横領」を行った伊関弁護士を早急に刑事告発を行う事を求めます。

One thought on “東京弁護士会の役員及び綱紀委員会もしくは懲戒委員会の関係者にお知らせします。現在も懲戒処分の事前公表をなされている伊関正孝会員は不適切な金策に奔走中です。”

  1. お疲れ様です 伊関弁護士は事務所移転の際に関係書類を燃やして破棄したそうです・・・・・諦めません

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中