橋下徹の政界引退を2万パーセント歓迎します

22日の北海道新聞の社説は「橋下氏の「引退」 政界との距離に違和感」として以下の内容を掲載した。

 

「政界引退」という言葉の重みをどう捉えているのだろうか。

 大阪市長を退任した橋下徹氏が引退会見の翌日に安倍晋三首相と会談し、憲法改定について議論を交わした。菅義偉官房長官も同席し、3時間半に及んだという。

 首相としては、国政政党「おおさか維新の会」に加え、一部野党にも影響力を持つ橋下氏との協力関係を確認する狙いなのだろう。

 橋下氏は会見で「私人になる」と述べたが、おおさか維新の法律顧問に就く。引退を明言しながら政界への影響力維持を狙うかのような言動には違和感が拭えない。

 橋下氏の人気はなお根強い。安倍政権がその発信力を取り込み、改憲論議を安易に加速させる意図があるならば看過できない。

 橋下氏は会見で「持てる力はすべて出し切った」と述べる一方、今後の去就については「自由にさせてもらう」と明言を避けた。

 これまでも「2万パーセントない」はずの府知事選に出馬するなど、たびたび前言を翻してきた。与野党問わず、いずれ政界復帰するとの観測が広がるのも当然だ。

 先の大阪府知事、大阪市長ダブル選挙では、橋下氏率いる地域政党「大阪維新の会」が圧勝した。

 その票の中には、橋下氏が大阪都構想を問うた5月の住民投票で敗北直後に引退を表明した政治姿勢への評価も含まれるはずだ。

 橋下氏が近く政界に復帰する意思があるなら、有権者に対して釈明する必要がある。引退表明が潔さの一時的な演出にとどまる結果となれば、誠実さを欠く。

 橋下氏は従来、中央集権制度の改革の必要性を主張し、憲法改定に積極姿勢を示してきた。

 菅氏は記者会見で橋下氏を「ありがたい存在」と表現した。与党が参院で、改憲の発議に必要な3分の2の議席を持たない現状から後押しを期待しているのだろう。

 社会の閉塞(へいそく)感や既得権益に対する不満を「改革」の看板で集約し、自らの支持につなげてきた橋下氏の手法を政権が取り込み、憲法改定に応用しようとするならば、議論のすり替えも懸念される。

 橋下氏に対する期待は、野党内にもくすぶっている。民主党の岡田克也代表は「あれだけ府民、市民の期待を集めたのは立派」と評価。維新の党の松野頼久代表は「別れても好きな人」と述べた。

 両党は先の政策合意で政府・与党と対峙(たいじ)する方針を確認したばかりだ。政権に近い立場の橋下氏に対して期待を表明するのが得策かあらためて考えるべきだ。

引用以上

 

この北海道新聞の社説は正鵠を得ているだろう、橋下の抜きがたい権力志向と場当たり的な発言や、誠実さと長期的展望を欠く政治姿勢は充分に批判するに値するものだからである。

今年は戦後70年の年であったが、中公文庫プレミアムの戦後70年の企画として復刊された以下の文庫は非常に面白く、また今の時代を知るために有益なものであった。

 

外交官の一生 石射猪太郎

 

上海時代(上)ジャーナリストの回想 松本重治

上海時代(下)ジャーナリストの回想 松本重治

 

沖縄決戦 高級参謀の手記 八原博通

 

最後の御前会議/戦後欧米見聞録 近衛文麿手記集成

 

それぞれ先の大戦に至る経緯や戦中の事実について当事者が語る真実には重みがあり、無謀な戦争に突入する流れの中で橋下流の根拠のない景気の良い改革(革新)主義とそれを真に受けた国民が戦争を支持したことから、我が国は多大な犠牲を払う事になったのである。

上記の「外交官の一生」の中で石射はこう述べる

「一時、国民外交が叫ばれた。国民の世論が支柱になり、推進力とならなければ、力強い外交は行われないというのだ。それは概念的に肯定される。が外務省から見れば、わが国民の世論ほど、危険なものはなかった。政党は外交問題を政争の具にした。言論の自由が、暴力で押し潰されるところに、正論は育成しない。国民大衆は、国際情勢に盲目であり、しかも思い上がっており、常に暴論に迎合する。正しい世論の湧きようはずがないのだ。」

この石射の言は現代にも通じることは言うまでもないだろう。司馬遼太郎の小説的なイメージで歴史を捉え「維新」「船中八策」などと言う言葉を使い、選挙の結果のみを国民の世論として、法的検討を怠り景気の良い暴論をツイッターで発信する橋下に迎合する者に国際関係など見えようはずがない。橋下が、在特会などと対立したのは近親憎悪的な感情であろう。

橋下を見ていると蓑田胸喜を想起する。蓑田については立花隆の「天皇と東大」をぜひ読んで頂きたい。

 

大日本帝国の生と死 天皇と東大(上)

大日本帝国の生と死 天皇と東大(下)

 国民が喜びそうな批判しにくい正論もどきの景気の良い言動は、まさに橋下と同様である。

明治維新はもちろん、薩摩・長州などを主とした新政府を構成した西国雄藩の功績も大であろうが、幕府内においても先見の明のある者たちが幕府政治を改革していったことや旧幕臣たちが、無用な争いを避け国益を図ったことも大きいのである。単なる「体制破壊」の「革命」とは異なるのが明治維新なのである。

知性が低下すると、石射のいうように「正しい世論のわきようなはずなどない」ことになる。タレント弁護士の、景気の良い暴言に踊られているようであれば、再びこの国は破滅に進むことは間違いないだろう。

今後は「私人」になるので橋下は「これまで橋下に対する批判的表現は公人に対する表現として最大限容認してきました。しかしこれから橋下は私人になりますし、当事務所の信用問題にかかわりますので、今後は橋下の社会的評価を低下させる表現に対しては厳しく法的対処をしていきます」と述べている。ならば、今後一切私人に徹して頂き、公の場での政治的な発言は行わないで欲しいものである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中